意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大勝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大勝」という表現は「自分たちのチームが、ここまで点数差をつけて大勝するなんて思ってもいませんでした」などの文章で使われますが、「大勝」にはどのような意味があるのでしょうか?

「大勝」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

大勝

Meaning-Book
「大勝」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大勝」の意味
  • 「大勝」の表現の使い方
  • 「大勝」を使った例文と意味を解釈
  • 「大勝」の類語や類義語


「大勝」の意味

「大勝」という表現は、「スポーツの試合・競技・戦い・選挙戦などで、相手(敵)に非常に大きな点数・得票(実力)の差をつけて一方的に勝つこと」を意味しています。

「大勝」というのは、「スポーツの試合・選挙・戦いなどにおいて、相手に大量の点数(得票)の差や実力の差をつけて、危なげなく勝つこと」を意味している表現なのです。

  • 「大勝」の読み方

「大勝」の読み方

「大勝」の読み方は、「たいしょう」になります。



「大勝」の表現の使い方

「大勝」の表現の使い方を紹介します。

「大勝」の表現の使い方は、「スポーツ競技・勝負ごと・選挙戦などで、相手にとても大きな点数(得票)の差をつけて、楽な形で一方的に勝った場合」に使うという使い方になります。

例えば、「今日の甲子園の試合は、優勝候補として注目されている高校のチームが大勝しました」といった文章で、「大勝」という表現を適切に使用することができます。

「大勝」を使った例文と意味を解釈

「大勝」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大勝」を使った例文1
  • 「大勝」を使った例文2

「大勝」を使った例文1

「今までの過酷なトレーニングの成果が出たのか、今日の試合は想定以上の点数を取って大勝することができました」

この「大勝」を使った例文は、「今日の試合は想定以上の点数を取り、相手に非常に大きな点差をつけて一方的に勝つことができた」という意味を持つ文章で、「大勝」という表現を使っています。

「大勝」を使った例文2

「連合国と枢軸国に分かれて戦った第二次世界大戦は、アメリカやソ連に歴史的な大勝の果実をもたらすことになりました」

この「大勝」を使った例文は、「大勝」の表現を、「アメリカやソ連に、非常に大きな実力差を見せつけた歴史的な大勝利の果実(利益のある恩恵)をもたらすことになった」という意味合いで使用しています。



「大勝」の類語や類義語

「大勝」の類語や類義語を紹介します。

  • 「圧勝」【あっしょう】
  • 「楽勝」【らくしょう】

「圧勝」【あっしょう】

「圧勝」という表現は、「スポーツの試合・競技・選挙戦などで、相手(敵)に圧倒的な差を見せつけて一方的に勝利すること」を意味しています。

この意味から、「圧勝」という表現を、「相手に対して大きな点数や実力の差をつけて、一方的に勝つこと」を示す「大勝」とよく似た類似の意味を持つ類語(シソーラス)として考えることができます。

「楽勝」【らくしょう】

「楽勝」という言葉は、「スポーツ競技・戦闘・選挙などにおいて、実力で圧倒的に上回っているため、相手に危なげなく楽に勝つこと」「ある物事を簡単・容易に行えること」を意味しています。

それらの意味合いから、「スポーツ競技や選挙などで、相手に非常に大きな点数・得票の差をつけて楽に勝つこと」を意味する「大勝」の類義語として、「楽勝」の表現を指摘することができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「大勝」の表現には、「スポーツ競技・戦い・選挙などにおいて、相手を大きく引き離すような点数・実力の差をつけて一方的に勝つこと」などの意味があります。

「大勝」の類語・類義語として、「圧勝」「楽勝」などがあります。

「大勝」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。