意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「楽勝」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「楽勝」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

と言うよりも、ご自身でよく使っていることと思います。

プライベートな場面でも仕事をしている中でも頻繁に使われている言葉の1つかもしれません。

そこで今回は、この「楽勝」について考えてみたいと思います。

Meaning-Book
「楽勝」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「楽勝」とは?
  • 「楽勝」の対義語
  • 「楽勝」の表現の使い方
  • 「楽勝」を使った例文と意味を解釈
  • 「楽勝」の類語や類義語


「楽勝」とは?

「楽勝」とは、文字通り「楽して勝つこと」「相手が自分よりも弱いため、楽に勝てること」という意味の他に「容易にできること」という意味があります。

  • 「楽勝」の読み方

「楽勝」の読み方

「楽勝」「らくしょう」と読みますが、普段からよく使っている言葉なので、読み方で困ることはないでしょう。

ここは確認程度で済むはずです。



「楽勝」の対義語

「楽勝」の対義語としては、次のような言葉があります。

  • 「辛勝」
  • 「苦戦」

「辛勝」

「しんしょう」という読み方をする「辛勝」という言葉が対義語の1つとしてあります。

「辛くも勝つことができる」「ギリギリの攻防で勝つ」という意味になります。

「苦戦」

「苦戦」という言葉もありますが、「苦しい戦い」という意味になります。

勝負に勝つためには、「楽勝」パターンはそんなに多くはなく、接戦のうちに勝つことが多いかもしれません。

「楽勝」の表現の使い方

「楽に勝つこと」という「楽勝」は、何の苦労もせずに勝つことから、スポーツの試合で、全力を出さずとも勝てるような場面で使われることになります。

また、試験でも簡単に合格できる時に、使われることになります。



「楽勝」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「楽勝」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「楽勝」を使った例文1
  • 「楽勝」を使った例文2

「楽勝」を使った例文1

「今回の試合は大差で楽勝することができるはずだ。気負いする必要はないぞ」

試合に臨む前に、このようにリラックスするように自分に言い聞かせるようなことがあります。

しかし、時として「楽勝」と油断することもあるので、注意しなくてなりません。

「楽勝」を使った例文2

「こんな問題は楽勝だ。悩むことなくすぐに解けるさ」

試験でも「楽勝」を使うことがありますが、事前に時間をかけて勉強会しなくても、簡単に合格点を取ることができることであったり、試験問題を見て「楽勝」で解答できるということを指しています。

しかし、ここでも油断は禁物で、手抜きをしたことで、結果がズタズタになってしまうので、気を引き締めて臨むことです。

「楽勝」の類語や類義語

「楽勝」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「朝飯前」【あさめしまえ】
  • 「赤子の手をひねるようなもの」【あかごのてをひねるようなもの】

「朝飯前」【あさめしまえ】

「朝飯前」という言葉が「楽勝」の類義語として挙げることができます。

「朝起きてまだ朝飯をとらない時」というストレートな解釈よりも、「朝飯を食べない先にも出来るような優しいこと」という意味になります。

「赤子の手をひねるようなもの」【あかごのてをひねるようなもの】

「赤子の手をひねるようなもの」という言葉もあります。

「赤子の手をひねる」とは、「無力の者をたやすく負かしたり、物事をやすやすと行えること」を表現した言葉です。

確かに赤子の手をひねることは、全く労せずできることですが、実際に押さない子供の手をひねるようなことはしないでしょう。

よく例えた言い回しだと思います。

icon まとめ

「楽勝」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、例文も普段からよく使われている場面かもしれません。

よく出てくる言葉だけに、これを機にじっくりと言葉の使い方の理解を深めて行ってください。

しかし、どんな「楽勝」なことでも、油断すると、足をすくわれることがあるので、常に慎重に取り組むことです。