意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連敗」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「連敗」という表現は「応援しているプロ野球のチームが、今日で4連敗してしまいました」などの文章で使われますが、「連敗」にはどのような意味があるのでしょうか?

「連敗」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

連敗

Meaning-Book
「連敗」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連敗」の意味
  • 「連敗」の表現の使い方
  • 「連敗」を使った例文と意味を解釈
  • 「連敗」の類語や類義語


「連敗」の意味

「連敗」という表現は、「スポーツの試合や勝負ごとで、連続して負けてしまうこと」を意味しています。

「連敗」というのは、「スポーツの試合・勝負で連続して負けること」「勝ち負けのある物事(戦い)で立て続けに敗北すること」を意味している表現なのです。

  • 「連敗」の読み方

「連敗」の読み方

「連敗」の読み方は、「れんぱい」になります。



「連敗」の表現の使い方

「連敗」の表現の使い方を紹介します。

「連敗」の表現の使い方は、「勝負・試合などで連続して負けた場合」「勝負ごとで立て続けに相手に敗れている時」に使うという使い方になります。

例えば、「勝てるはずの相手に連敗したことが悔しくて仕方ありませんでした」といった文章で、「連敗」の表現を適切に使うことができます。

「連敗」を使った例文と意味を解釈

「連敗」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「連敗」を使った例文1
  • 「連敗」を使った例文2

「連敗」を使った例文1

「ここ最近はソフトバンクホークスの連敗が続いていましたが、今日ようやく一勝を上げて体勢を立て直すことができました」

この「連敗」を使った例文は、「連敗」の表現を、「ここ最近はソフトバンクホークスの連続した敗戦(負け)が続いていましたが」という意味を持つ文脈で使用しています。

「連敗」を使った例文2

「この高校の野球部は連戦連敗の弱小チームでしたが、監督とコーチが代わってからみちがえるほど実力をつけてきました」

この「連敗」を使った例文は、「この高校の野球部は、何度試合をして戦っても連続して負けるだけの弱小チームでしたが」という意味合いで、「連敗」という表現を使っています。



「連敗」の類語や類義語

「連敗」の類語や類義語を紹介します。

  • 「敗北が続く」【はいぼくがつづく】
  • 「負けが込む」【まけがこむ】

「敗北が続く」【はいぼくがつづく】

「連敗」という表現は、「スポーツの試合や勝ち負けのある物事で敗北が続くこと」「試合・勝負に負けることが続いているさま」を意味しています。

「敗北」とは、「戦いに敗れること・戦いに敗れて背を向けて逃げるさま」を意味する言葉です。

その意味から、「敗北が続く」という表現を、「連敗」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「負けが込む」【まけがこむ】

「負けが込む」という表現は、「立て続けに敗北して、負ける回数・分量が増えること」「何度も負けることが続くこと」を意味しています。

この意味合いから、「連続して勝負・試合に負けること」を示す「連敗」の類義語として、「負けが込む」という慣用的な表現を上げることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「連敗」の表現には、「試合や勝負で連続して負けること」「勝負ごとでの敗北(負け)が続いていること」などの意味があります。

「連敗」の類語・類義語として、「敗北が続く」「負けが込む」などがあります。

「連敗」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。