意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕入れ値で買う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「仕入れ値で買う」という言葉の意味や類語を紹介します。

また「仕入れ値で買う」という言葉の例文を紹介して行きます。

仕入れ値で買う

Meaning-Book
「仕入れ値で買う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「仕入れ値で買う」とは?
  • 「仕入れ値で買う」を使った例文や短文など
  • 「仕入れ値で買う」の類語や類義語・言い換え


「仕入れ値で買う」とは?

「仕入れ値で買う」という言葉を知っているでしょうか。

「交渉して、仕入れ値で買う」という経験があるかもしれません。

一方で、「仕入れ値で買う」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「仕入れ値で買う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「仕入れ値で買う」の読み方
  • 「仕入れ値で買う」の意味

「仕入れ値で買う」の読み方

「仕入れ値で買う」「しいれねでかう」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「仕入れ値で買う」「しいれねでかう」と読みましょう。

「仕入れ値で買う」の意味

「仕入れ値で買う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「仕入れ値で買う」「仕入れ値」には、「お店がものを買った時の値段」「原価」という意味があります。

例えばセレクトショップは、他の店や、工場などで物を買いつけて、それを店頭などで売っています。

セレクトショップが仕入れた金額で、購入する時、「仕入れ値で買う」と言います。

このように、「仕入れ値で買う」という言葉には、「お店がものを買った時の値段で買う」「原価で買う」という意味があります。



「仕入れ値で買う」を使った例文や短文など

「仕入れ値で買う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「仕入れ値で買う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「仕入れ値で買う」を使った例文1
  • 「仕入れ値で買う」を使った例文2

「仕入れ値で買う」を使った例文1

「売れ残りを『仕入れ値で買う』」

この例文は、セレクトショップなどで売られていた、売れ残りの商品を、その店が買った値段で買うという意味があります。

本来は、「仕入れ値」よりも高く売らなければ利益が出ないため、「仕入れ値で買う」のは不可能ですが、この例文のように、店側が売れ残りを処分したい時は、「仕入れ値で買える」かもしれません。

「仕入れ値で買う」を使った例文2

「『仕入れ値で買う』とお店が損する」

この例文のように、店側が仕入れた金額で、客が商品を買うと、店は損をしてしまいます。

店を経営するためには、地代家賃が必要で、人件費や光熱費も必要のためです。

これらを上乗せした金額で売って、ようやく差し引きゼロとなり、さらに高く売らなければ利益にはなりません。

「仕入れ値で買う」の類語や類義語・言い換え

「仕入れ値で買う」の類語や類似表現を紹介します。

「仕入れ値で買う」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「赤字覚悟」【赤字覚悟】
  • 「買い叩く」【かいたたく】

「赤字覚悟」【赤字覚悟】

「赤字覚悟」には「利益が出るかは置いておき、気前よく売る」という意味があります。

「赤字覚悟で、セールをする」「赤字覚悟の出血大サービス」などという使い方をします。

「買い叩く」【かいたたく】

「買い叩く」には、「不当に値引きさせて買う」という意味があります。

「足元を見て買い叩く」という言葉には、売り手が困っているのを知って、不当に値引きさせて買うという意味があります。



icon まとめ

「仕入れ値で買う」という言葉について見てきました。

お店側が買った金額で商品などを買った時、「仕入れ値で買う」という言葉を使ってみましょう。