意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「買い叩く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「買い叩く」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「買い叩く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「買い叩く」の意味
  • 「買い叩く」の表現の使い方
  • 「買い叩く」を使った例文と意味を解釈
  • 「買い叩く」の類語や類義語


「買い叩く」の意味

「買い叩く」の意味は、「不当に値引きをさせて引き取ること」です。

売る側がその商品に対して知識が浅かったり、そのモデルが旧型で売れないことで焦っていたり、一刻も早くお金が欲しいと思っている気持ちを見通して、普通ではあり得ない程の安い値段を提示して、納得させて買い取ることを言います。

売り手の言葉や態度などから巧みに心理を読み取り、自分のペースに持ち込んで最も安い値段で商談を成立させる時の表現です。

  • 「買い叩く」の読み方
  • 「買い叩く」を分解して解釈

「買い叩く」の読み方

「買い叩く」の読み方は、「かいたたく」になります。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「買い叩く」を分解して解釈

「買い叩く」「買い+叩く」で成り立っています。

「買い」は動詞「買う」の連用形で、「代金を支払い自分の所有権を得る」「好ましくないことをこうむる」「進んで引き受ける」「高く評価する」という意味があります。

「叩く」「手や道具で打ちつける」という意味の他に「著しく値段を負けさせる」という意味があります。

これらの言葉が組み合さり「値段を酷く負けさせて自分のものにする」という意味で使われています。



「買い叩く」の表現の使い方

「買い叩く」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 高いものを売る時の表現

文法的な使い方

「買い叩く」は動詞を含んだ表現ですので、文末にそのまま使えます。

副詞と名詞形はどちらも「買い叩き」になり、受け身形として「買い叩かれる」と使うこともあります。

高いものを売る時の表現

「買い叩く」は、「相手の弱みに付け込んで酷く安い値段で買い取ること」という意味です。

売るものが元は高価なものや貴重なもので、買取り価格も高いはずの時に使われます。

「買い叩く」を使った例文と意味を解釈

「買い叩く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「買い叩く」を使った例文1
  • 「買い叩く」を使った例文2

「買い叩く」を使った例文1

「車を業者に持って行ったら難癖付けられて買い叩かれてしまった」

車を買取に出しに行ったところ、あまり車に詳しくないと付け込んだ業者に、非常に安く買い取られてしまったことを表しています。

「買い叩く」を使った例文2

「高級ブランド時計を買い叩かれるところだった」

高級ブランド時計を買取りに出したところ妙に安すぎたので、他の店に持って行ったら高く売れたことを表しています。



「買い叩く」の類語や類義語

「買い叩く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「足元を見る」【あしもとをみる】
  • 「二束三文」【にそくさんもん】

「足元を見る」【あしもとをみる】

「相手の弱みに付け込んでこちらの有利になる様に運んでいくこと」という意味です。

「二束三文」【にそくさんもん】

「売値が非常に安く、元が取れない程であること」という意味で、こちらは売る側目線の言葉です。

icon まとめ

「買い叩く」は、「不当に値引きをさせて引き取ること」という意味です。

元値が高いものに安い査定金額を付けられた時に使いましょう。