意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「赤字覚悟」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「赤字覚悟」という言葉を色々な場面で耳にしたり、目にしたことがあるかと思います。

この言葉は、街のショッピングセンターや百貨店などで、よく使われています。

そこで今回は、この「赤字覚悟」について説明をしていくことします。

Meaning-Book
「赤字覚悟」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「赤字覚悟」とは?
  • 「赤字覚悟の大セール」とは?
  • 「赤字覚悟」の具体例
  • 「赤字覚悟」を使った例文と意味を解釈
  • 「赤字覚悟」の類語や類義語・言い換え


「赤字覚悟」とは?

「赤字覚悟」とは、「利益が出るかどうかを考えずに、金銭を費やす」という意味がある言葉です。

  • 「赤字覚悟」の読み方

「赤字覚悟」の読み方

「赤字覚悟」「あかじかくご」という読み方をしますので、ここで間違うことのないようにしっかりとチェックしておきましょう。



「赤字覚悟の大セール」とは?

「赤字覚悟の大セール」とは、「赤字を出しても、商品を余らすことなく全てを売り尽くすこと」を言っています。

「売り尽くす大セール」と銘打って売り出すこともありますが、店舗閉店のような時に、よく使われています。

在庫商品を余らせて、廃棄処分するよりは、少しでも販売して現金化する方が良い時に行われます。

「赤字覚悟」の具体例

「赤字覚悟」とは、「利益を産み出すことを考えずに販売すること」といったような意味があるので、在庫品を処分するような時に使うことになります。

また、企業が新製品と旧製品の切り替え時期に古い製品を処分せずに赤字を出しても、販売する時にも使うことがあります。

商売をしている中で、赤字を出すということは、本来の商売からすると、間違ったことなのですが、余計なコスト、すなわち在庫管理者に伴う倉庫費用や廃棄費用を考えると、「赤字覚悟」でも現金化してキャッシュフローを良くすることで、経営を維持していくことも大きな手法の1つです。

そのようなことから、「赤字覚悟」の真の意味を理解することは、とても大切なことです。



「赤字覚悟」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「赤字覚悟」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「赤字覚悟」を使った例文1
  • 「赤字覚悟」を使った例文2

「赤字覚悟」を使った例文1

「今年の年度末には、主力製品が大量に在庫になる恐れがあるので、在庫一掃のために赤字覚悟の販売キャンペーンを実施することにした」

メーカーでは、年度末に販売を拡大するために色々な販売施策を実施しますが、在庫をできるだけ減らすこともあります。

その時に「赤字覚悟」でも製品を売買することで、在庫を減らして余計なコストを削減することがあります。

「赤字覚悟」を使った例文2

「今月中末に閉店する店舗では、赤字覚悟の売り尽くしセールが行われる」

店舗を閉店する場合、できるだけ在庫を少なくするようにしています。

そうすることで、残った商品を廃棄する余計なコストを少なくするそとができます。

赤字覚悟でも、販売することで費用を最小限にすることができます。

「赤字覚悟」の類語や類義語・言い換え

「赤字覚悟」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「ケチケチせずに」
  • 「損を覚悟で」【そんをかくごで】

「ケチケチせずに」

「ケチケチせずに」「赤字覚悟」の類義語の1つとして挙げることができます。

「お金や物を惜しまない」「細かいことにうるさく文句を言わない」などの意味があります。

「損を覚悟で」【そんをかくごで】

「損を覚悟で」という言葉もありますが、これも「赤字覚悟」の類義語として扱うことができます。

「利益を失うことが分かっていながら行動を取ること」「損を承知で売り尽くす」「損を承知の上で」「損を納得した上で」「損を呑み込んだ上で」といったような意味になります。

icon まとめ

「赤字覚悟」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、その言葉は身近な生活シーンの中や、ビジネスの場面でもよく使われる言葉であることがお分かりいただけたかと思います。