意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余剰」とは?意味や使い方!例文や解釈

「余剰」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「余剰」という言葉を使った例文や、「余剰」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「余剰」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「余剰」とは?
  • 「余剰」の英語と解釈
  • 「余剰」の表現の使い方
  • 「余剰」を使った例文や短文など
  • 「余剰」の類語や類義語・言い換え
  • 「余剰」の反対語


「余剰」とは?

「余剰」という言葉を知っているでしょうか。

「準備した食材に余剰が出た」という経験があるかもしれません。

一方で、「余剰」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「余剰」という言葉の意味を紹介します。

  • 「余剰」の読み方
  • 「余剰」の意味

「余剰」の読み方

「余剰」「よじょう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「余剰」「よじょう」と読みましょう。

「余剰」の意味

「余剰」という言葉の意味を紹介します。

「余剰」には、「残り」「余り」という意味があります。

そのため、「準備した食材に余剰が出た」という時は、料理を作る時に、食材を用意したが、結果的に使用せず、食材が余ったという意味があります。

このように「余剰」という言葉には、「残り」「余り」という意味があります。



「余剰」の英語と解釈

次に「余剰」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「余剰」は英語で、“excess”になります。

“excess”には「過剰」「余剰」という意味があるためです。

このように「余剰」という言葉を英語にしたい時は、“excess”という言葉を使ってみましょう。

「余剰」の表現の使い方

「余剰」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「余剰」には残り、余りという言葉があるため、何かが残ったり、余った時に、「余剰」という言葉を使ってみましょう。

例えば、パーティのために料理を用意した時、予定された人数が集まらないということがあります。

結果的に料理を食べる量が減るため、余りが出てしまうでしょう。

このような時に余った料理を「余剰」と呼びます。

「料理に余剰が出た」「余剰分の料理」などと、「余剰」という言葉を使ってみましょう。



「余剰」を使った例文や短文など

続いて「余剰」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「余剰」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「余剰」を使った例文1
  • 「余剰」を使った例文2

「余剰」を使った例文1

「『余剰』が出ないように、生産を調整する」

農作物などを作る時、作りすぎると需要が追い付かず、余りが出てしまいます。

余りが出れば農作物が売れなくなり、売れても安い金額で買いたたかれてしまいます。

結果的に農作物を作っても利益が出ないことになります。

そこで生産量をコントロールし、余りが出ないようにします。

このような時、「余剰が出ないようにする」などと言います。

「余剰」を使った例文2

「『余剰生産物』が貧富の差を生む」

この例文の「余剰生産物」は、生産した農作物の余りという意味があります。

農作物の余りが出ることにより、富める者、持たない者の差が出て、貧富の差が生まれたという説もあります。

また余りがあることにより、働かずに済む時間が生まれ、文明を育むような余裕が生まれたという説もあります。

このように「余剰」が人間の進化に大きな影響を与えたのかもしれません。

「余剰」の類語や類義語・言い換え

「余剰」の類語や類似表現を紹介します。

「余剰」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「売れ残る」【うれのこる】
  • 「積み残す」【つみのこす】
  • 「余る」【あまる】
  • 「残余」【ざんよ】
  • 「燃え残る」【もえのこる】

「売れ残る」【うれのこる】

「売れ残る」という言葉には、「売れないで残る」という意味があります。

例えば商品を大々的に売り出したものの、売れ行きがイマイチなら売れないで残る商品が出てしまいます。

このような時、「商品が売れ残る」と言います。

「積み残す」【つみのこす】

「積み残す」という言葉には、「積み切れずに残す」という意味があります。

例えば引越しをする時は、トラックなどを用意して荷物を運ぶでしょう。

しかしトラックの荷台に荷物が入りきらない時、積み切れずに残して、次のトラックを用意するかもしれません。

このような時、「荷物を積み残す」と言います。

「余る」【あまる】

「余る」には、「多すぎて残る」という意味があります。

例えば、食事をする時に、一人分の量が多すぎて、食べきれずに残ってしまう時、「料理が余る」などと言います。

「残余」【ざんよ】

「残余」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「残余」には、「残り」「余った物」という意味があります。

例えばパーティの食事の残り物を、その場にいる人に分ける時、「残余を分け与える」などと言います。

「燃え残る」【もえのこる】

「燃え残る」という言葉には、「燃えないで残る」という意味があります。

例えばキャンプをする時、火を起こして暖を取ったり、食事の道具にするでしょう。

この際に木や炭を燃やしますが、燃えないで残る木もあるでしょう。

このような時に、「木が燃え残る」と表現します。

「余剰」の反対語

最後に「余剰」の反対語を紹介します。

「余剰」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「品切れ」【しなぎれ】
  • 「品枯れ」【しながれ】
  • 「出し切る」【だしきる】
  • 「出尽くす」【でつくす】

「品切れ」【しなぎれ】

「品切れ」には、「品物が売り切れる」という意味があります。

新商品が売れすぎた時、「品切れになる」などと言います。

「品枯れ」【しながれ】

「品枯れ」には、「品物が出回らないこと」という意味があります。

在庫が出払ってしまい、工場の生産が追い付かないような商品は、「品枯れ」になります。

「出し切る」【だしきる】

「出し切る」には、「全部出してしまう」という意味があります。

「全力を出し切る」という時は、全ての力をすべて出したという意味があります。

「出尽くす」【でつくす】

「出尽くす」には、「全部出てしまう」という意味があります。

倉庫の品を全て店頭に並べてしまった時、「商品が出尽くす」などと言います。

icon まとめ

「余剰」という言葉について見てきました。

何かが余ったり残った時、「余剰」という言葉を使ってみましょう。