意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「出尽くす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「出尽くす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「出尽くす」という言葉を使った例文や、「出尽くす」の類語を紹介して行きます。

出尽くす

Meaning-Book
「出尽くす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「出尽くす」とは?
  • 「出尽くす」を使った例文や短文など
  • 「出尽くす」の類語や類義語・言い換え


「出尽くす」とは?

「出尽くす」という言葉を知っているでしょうか。

「材料が出尽くす」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「出尽くす」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「出尽くす」という言葉の意味を紹介します。

  • 「出尽くす」の読み方
  • 「出尽くす」の意味

「出尽くす」の読み方

「出尽くす」「でつくす」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「出尽くす」「でつくす」と読みましょう。

「出尽くす」の意味

「出尽くす」という言葉の意味を紹介します。

「出尽くす」には、「残らず出て、後に何も残らない状態になること」という意味があります。

例えば職場に問題がある時、その問題が「出尽くす」と、後には問題が残らない状態になります。

この状態で問題を一つずつ解決していけば、良い職場になるでしょう。

このように、「出尽くす」という言葉には、「残らず出て、後に何も残らない状態になること」という意味があります。



「出尽くす」を使った例文や短文など

続いて「出尽くす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「出尽くす」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「出尽くす」を使った例文1
  • 「出尽くす」を使った例文2

「出尽くす」を使った例文1

「会議中に、意見が『出尽くし』、黙り込む」

この例文は、会議の途中で意見がすべて出て、何も意見がないようになってしまった状態になります。

そのため、意見が出ず、みな黙り込んでしまっています。

このような状態になったら、会議を中断し、少し休んだ方がいいかもしれません。

「出尽くす」を使った例文2

「怒りが『出尽くす』と、機嫌がすっかり直った」

この例文のように、激しい感情をむき出しにした人が、数分後にけろっとしていることがあります。

怒りの感情がすべて出たため、機嫌が良くなったのでしょう。

「出尽くす」の類語や類義語・言い換え

「出尽くす」の類語や類似表現を紹介します。

「出尽くす」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「底をつく」【そこをつく】
  • 「使い果たす」【つかいはたす】

「底をつく」【そこをつく】

「底をつく」には「蓄えてあったものがなくなる」という意味があります。

また「相場が下がり、底値になる」という意味があります。

「さすがに底値のため、買ったら値が上がるだろう」などという使い方をします。

「使い果たす」【つかいはたす】

「使い果たす」には、「所持している金銭や物を全部使って、なくなってしまうこと」という意味があります。

「貯金を使い果たす」「信頼を使い果たす」などという使い方をします。



icon まとめ

「出尽くす」という言葉について見てきました。

残らず出て、後に残らない状態になる時、「出尽くす」という言葉を使ってみましょう。