意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残余」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「残余」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「残余」という言葉を使った例文や、「残余」の類語を紹介して行きます。

残余

Meaning-Book
「残余」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「残余」とは?
  • 「残余」を使った例文や短文など
  • 「残余」の類語や類義語・言い換え


「残余」とは?

「残余」という言葉を知っているでしょうか。

「残余の資金」などという言葉を知っているかもしれません。

一方で、「残余」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「残余」という言葉の意味を紹介します。

  • 「残余」の読み方
  • 「残余」の意味

「残余」の読み方

「残余」「ざんよ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「残余」「ざんよ」と読みましょう。

「残余」の意味

「残余」にはどのような意味があるでしょうか。

「残余」という言葉には、「余り」「余剰」「残り」などの意味があります。

「残余の資金」は、予算を使い余ったお金になります。

このように「残余」という言葉には、「余り」「余剰」「残り」などの意味があります。



「残余」を使った例文や短文など

「残余」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「残余」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「残余」を使った例文1
  • 「残余」を使った例文2

「残余」を使った例文1

「『残余』の兵を助けるために、兵を差し向ける」

この例文は戦場に取り残されてしまった兵隊を助けるために、他の兵隊を差し向けるという意味になります。

残された兵隊は、怪我などをしているかもしれず、自力で逃げ出すことはできないかもしれません。

このように「残余」という言葉には「残り」「残された」という意味があります。

「残余」を使った例文2

「計画の『残余』のお金を使い、慈善事業をする」

この例文は、会社がある計画を終えて、余ったお金で慈善事業をしようとしている文章になります。

会社の目的は利益の追求だけでなく、社会貢献も目的のひとつになります。

余剰資金を慈善事業に回すのも、悪くないでしょう。

「残余」の類語や類義語・言い換え

「残余」の類語や類似表現を紹介します。

「残余」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「余り」【あまり】
  • 「余分」【よぶん】

「余り」【あまり】

「余り」という言葉には、「使ったり処理した後で、残った物」という意味があります。

「料理の余りの食材」は、料理した後で残った食材になります。

「余分」【よぶん】

「余分」には「余った分」「残り」という意味があります。

また「必要以外」という意味もあります。

「余分な口出しはいらない」という時は、必要以外の口出しは迷惑だという意味があります。



icon まとめ

「残余」という言葉について見てきました。

何かの余りや残り、余剰について言葉にする時、「残余」という言葉を使ってみましょう。