意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「崩壊」とは?意味や使い方!例文や解釈

「崩壊」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「崩壊」という言葉の理解を深めていきましょう。

崩壊

Meaning-Book
「崩壊」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「崩壊」とは?
  • 「崩壊」の表現の使い方
  • 「崩壊」を使った言葉と意味を解釈
  • 「崩壊」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「崩壊」の反対語
  • 「崩壊」の類語や類義語・言い換え
  • 「崩壊」の英語と解釈


「崩壊」とは?

「崩壊」とは物事や物質などが、崩れること、壊れてしまうことを言います。

  • 「崩壊」の読み方

「崩壊」の読み方

「崩壊」と書いて「ほうかい」と読みます。



「崩壊」の表現の使い方

「崩壊」とは崩れること、壊れてしまうことを言います。

物質的なことであったり、組織的なことであったりと幅広く使えますが、小さなことに対して使うとやや大げさな言い方に感じられますので、ある程度規模が大きいものに使うことが多いでしょう。

「建物が崩壊する」「職場の人間関係はすでに崩壊している」「家庭内は崩壊寸前である」という風に使います。

「崩壊」を使った言葉と意味を解釈

それでは「崩壊」を使った言葉、言い回しをいくつか紹介します。

意味の解釈もつけていますので、使う際の参考にしてみてください。

  • 「ゲシュタルト崩壊」
  • 「崩壊寸前」
  • 「バブル崩壊」

「ゲシュタルト崩壊」

「ゲシュタルト崩壊」とは全体を認識する能力が低下するということを意味する心理学の用語です。

ゲシュタルトはドイツ語で「形、姿」といった意味になります。

インターネットなどでよく使われる意味は「文字のゲシュタルト崩壊」のことで、例えば同じ漢字、文字を並べてずっと見ていると「あれ、こんな字だった?」といったように元々の形を見失ってしまうことを言います。

「崩壊寸前」

「崩壊寸前」とは、壊れる、駄目になってしまう一歩手前であるという意味でわりとよく使われる言い回しです。

「あの会社は内部で揉めていて崩壊寸前という噂だ」「崩壊寸前って感じのアパートじゃない?」などと使います。

今にも壊れそう、壊れかかっているという意味合いになります。

「バブル崩壊」

「バブル崩壊」とはバブル経済が破綻して、景気が悪くなることを言います。

日本においてのバブル時代とは1980年代後半から1990年代初頭のことで、好況期でした。

「バブルが崩壊してからの就職活動だったから大変だったんだよ」「バブル崩壊と共にお店のお客が減った」などと使います。



「崩壊」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「崩壊」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「崩壊」を使った例文1
  • 「崩壊」を使った例文2

「崩壊」を使った例文1

「家庭として表面上は保っているが、実際は崩壊している」

実際には家庭内が上手くいっていない、夫婦仲が冷えているといった場合においても世間体から、表向きは上手くいっているように見せかけていることはよくあることです。

しかし実際には仲が悪い、関係性が破綻していることを「崩壊」という言葉で言い表しています。

「崩壊」を使った例文2

「彼の作り上げてきた会社も、最後は自分のしたことが原因で崩壊した」

会社など組織が壊れる、駄目になっていくことを「崩壊」という言葉で表します。

最初は謙虚な気持ちであっても、組織が大きくなるとか、出世することで傲慢になってしまうことがあります。

結局はそういった言動が原因となり壊れてしまうということを例文は言い表しています。

「崩壊」の反対語

「崩壊」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「構築」【こうちく】
  • 「創造」【そうぞう】

「構築」【こうちく】

「構築」とは組み立てて築くことを言います。

「関係性を一から構築し直しているところ」などと使います。

「創造」【そうぞう】

「創造」とはそれまでになかったものを初めて作り出すことを言います。

「創造力がある会社なので、この先ますます楽しみだ」という風に使います。

「崩壊」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「崩壊」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「壊滅」【かいめつ】
  • 「倒壊」【とうかい】
  • 「崩れ落ちる」【くずれおちる】
  • 「全滅」【ぜんめつ】
  • 「瓦解」【がかい】

「壊滅」【かいめつ】

「壊滅」とは組織などがすっかり壊れ、なくなってしまうことです。

「彼が他社に引き抜かれたら、わが社は壊滅的な打撃だ」「町が壊滅した」などと使います。

「倒壊」【とうかい】

「倒壊」とは建物などが倒れて壊れるという意味です。

「地震で物置小屋が倒壊した」という風に使います。

「崩れ落ちる」【くずれおちる】

「崩れ落ちる」とは崩れて落ちることで、崩壊すると同じ意味になります。

「壁の一部が崩れ落ちる」「会社の信頼は崩れ落ちてしまった」などと使います。

「全滅」【ぜんめつ】

「全滅」とは全部、滅びてしまうこと、またその様子を言います。

「もう味方は全滅した」「今のところ、挑戦者はみんな全滅している」「大雨で作物が全滅となる」などと使います。

「瓦解」【がかい】

「瓦解」とは組織、秩序などがばらばらになり、崩れて駄目になることを言います。

「会社の体制が瓦解して混乱状態となる」という風に使います。

「崩壊」の英語と解釈

崩壊 meaning in english

「崩壊」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“collapse”(倒壊)、“ruin”(破滅)、“a fall”(没落)といった単語を使います。

意味合いで単語を選ぶようにしましょう。

例文は“the collapse of a bridge”(橋の崩壊)、“the fall of the Soviet Union”(ソ連の崩壊)、“the ruin of one's family”(家庭の崩壊)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「崩壊」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「崩壊」とは漢字の通り崩れること、壊れることという意味になります。

物質的なこと、人間関係のことなど幅広く使える言葉ですが意味合いとしてはいい意味ではありませんのでなるべくならば使いたくない、聞きたくない言葉であると言えるでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。