意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「創造」の意味とは?対義語、語源や類語、英語や使い方、例文を紹介!

「創造」という言葉は作ることと認識している人が多いですが、その意味を正しく理解していないケースも多いです。

時にはビジネスシーンでも用いられる機会があるため、正しい意味と使い方を紹介していきます。

創造

Meaning-Book
「創造」の意味とは?対義語、語源や類語、英語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「創造」の意味とは?
  • 「創造」の読み方?
  • 「創造」の英語(解釈)
  • 「創造」の対義語
  • 「創造」の言葉の使い方
  • 「創造」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「創造」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「創造」の類語や類義表現(シソーラス)
  • 「創造」と「創生」の違い


「創造」の意味とは?

「創造」とは作ることを意味していますが、これまでになかったような新しいものを対象としています。

作り出す対象は芸術・建築物など形あるもの以外にも文化・価値観・考え方など抽象的なものに対しても適応します。

また「創造」には新しいものを生み出すことが出来る力を意味することもあります。

そのため人に対して用いる際には相手の能力を評価する意味も兼ね備えています。



「創造」の読み方?

「創造」とは「そうぞう」と読み、それぞれの漢字が合わさることでその意味が構成されます。

「創造」における「創」の意味の一つとして物事を始めたり新しく生むといった起源となる意味を持ちます。

そして「造」には作ることを意味していますが、ただ作るのではなく手間暇をかけてしっかりと創り上げる・拵えるといった解釈となります。

そのため「創」「造」がそれぞれ合わさることで意味が構成されています。

「創造」の英語(解釈)

創造 meaning in english

「創造」とは新しいものを作ることを意味しており、一般的には“Creation”と表現されます。

しかし“Creation”は名詞であり、実際場面では“Create”と動詞で扱われることが多いため、文章・意味に応じて単語を変化させていくことが求められます。

他の表現として新たに立ち上げていくという解釈では“setting up”と表現されます。

しかし“setting up”のみでは時にはただ立ち上げると解釈される場合もあるため、文章に応じて「新しく」と単語を追加することでより「創造」という解釈を強めることが出来ます。



「創造」の対義語

「創造」とは新しく創り上げていくことですが、解釈によって対義語も複数存在しています。

その一つに「模倣」が挙げられます。

「模倣」は対象を真似する・コピーするといった意味となっています。

そのため「新しく」という部分とは対義する解釈となり、対義語と扱われています。

もう一つは「破壊」とされています。

「創造」ではこれまでになかったものを作るため、物的・概念的など様々な方法で形にしていきます。

それに対して「破壊」には形あるものを壊す・崩していくため、対義語とされています。

「創造」の言葉の使い方

「創造」という言葉は新しく何かを生み出す際に用いられる言葉です。

多くはビジネスシーンにて企画や商品などを新しく生み出していく際などに適応します。

そのため今までにないものを作るため、新しい試み・取り組みとしての意味合いも込めて使われており期待も込められています。

またビジネスシーン以外でも宇宙・世界の成り立ちなど抽象的なものにも使われます。

その際には歴史的・概念的な意味合いを込めて使われています。

「創造」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「創造」という言葉を使う機会はたくさんありますが、多くは単語のままではなく「創造」に続く言葉・文章と合わせて用いられます。

そのため慣用句や熟語も多く存在しています。

実際にどのような言葉があるか、例とその解釈を紹介していきます。

  • 「創造する」
  • 「創造的」
  • 「創造力」
  • 「創造者」

「創造する」

「創造する」という言葉は「創造」を動詞として使う表現となります。

「する」という言葉が続くことで「新しく作っていく」と行動を意味する言葉として解釈されます。

「創造的」

「創造的」は語尾に接尾語が付くことで形容動詞としての扱いになります。

意味自体は「創造」と同義ですが、「創造」の様子を表す言葉となります。

そのためより抽象的な解釈として扱われています。

「創造力」

「創造力」には新しいものを生み出す能力・才能といった意味を持ちます。

その背景には生み出す上での想像力・思考力に加えて行動力に加えて性格・モチベーションなど様々な要素が加味されています。

「創造者」

「創造者」とは対象となるものを作り出した初めの人物を表しています。

対象となる人は一人に限らず、何を何人で「創造」したかによって変化しており、複数人をまとめて 創造者」とすることもあります。

「創造」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「創造」という言葉は新しいものを生み出すことを意味する言葉です。

様々な場面で用いられますが、実際に会話の中ではどのように使われているか、例文とその解釈を紹介します。

  • 「創造」を使った例文1
  • 「創造」を使った例文2

「創造」を使った例文1

「講義にて『私はこの生徒の想像力には毎度驚かされている』と講師が友人をほめていた」

ここでは講師が友人となる生徒をほめている様子の中で使われています。

褒められる理由としては友人の持つ想像力が他と比べて群を抜いており、何度も驚かされてきたことへの称賛としています。

「創造」を使った例文2

「私たちは今年で皆このプロジェクトから去ります。これからのプロジェクトの未来を創造する皆さんの活躍を期待しています」

ここではプロジェクトを去る人物から激励の意味も込めて使われています。

この場合の「創造」はプロジェクトがこれからどう発展・展開していくかを「創造」と表現しています。

「創造」の類語や類義表現(シソーラス)

「創造」という言葉は使う機会も多い分、類語・類義表現も多く存在しています。

意味や使い方を混同してしまわないためにも、どのような言葉があるか例を紹介します。

  • 「独創」
  • 「創製」

「独創」

「独創」という言葉は「創造」と同様に新しいことを生み出す意味とされています。

しかし大きな違いとして、独特さ・個性といった他とは比べられないものを生み出すことに重点を置いた言葉とされています。

「創製」

「創製」「創造」と同様の解釈とされています。

しかし「創造」では概念・価値観など抽象的なものにも適応することに対し「創製」では具体的に形があるものに対して適応する言葉とされています。

「創造」と「創生」の違い

「創造」という言葉は時に「創生」と同義に扱ってしまう人も多くいますが、それぞれに意味は異なっています。

「創生」「創造」同様に新しく生み出すことを意味しています。

しかし適応する対象が生物・集団・政策など動き・変化が伴うものとされています。

icon まとめ

「創造」という言葉は「今までにないものを作る・生み出す」というクリエイティブであることを意味する言葉とされています。

しかし英語・日本語ともに表現も多彩なため、それぞれ使い分けたうえで用いることが必要となります。