意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独創」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「独創」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「独創」という言葉の理解を深めていきましょう。

独創

Meaning-Book
「独創」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「独創」の意味
  • 「独創」の表現の使い方
  • 「独創」を使った例文と意味を解釈
  • 「独創」の類語や類義語


「独創」の意味

「独創」とは、人の真似ではない、その人だけの考えで作ったこと、また人にはないような独特な個性のことを言います。

  • 「独創」の読み方

「独創」の読み方

「独創」の読み方は、「どくそう」になります。



「独創」の表現の使い方

「独創」を使った表現を紹介します。

「独創」とは、人の真似ではない、他人とは違うといった考え方や物を作り出すことを言います。

またこの言葉ははるか昔からあったのではなく明治時代に作られた語とされています。

他の人とは違う、その人が作り出した物という意味合いですから、何か作品作りをしている人にとっては褒め言葉となることも多いでしょう。

しかしその意味合いを皮肉って風変りなこと、人とは相容れず孤立しているような人を言う場合もありますので、前後にある言葉から意味合いを判断するようにしましょう。

「独創的で素晴らしい」と言えば褒め言葉だとわかりますが、「彼は独創性が強いので一般受けはしない」「独創的でついていけない」などと言いますのはやんわりと批判的な言い方であると解釈できます。

「独創」を使った例文と意味を解釈

「独創」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「独創」を使った例文1
  • 「独創」を使った例文2

「独創」を使った例文1

「ここに展示している服や小物は、全部彼女による独創で、他の人にはちょっとないセンスだ」

誰かの真似ではなく、自分だけの考えで作られた物を「独創」と言います。

またそれによって作られた物のことを「独創」とも表現します。

物作りをする人にとっては「独創性が優れている」ということは備えておきたい資質とも言えますし、本人にとっては褒め言葉となります。

「独創」を使った例文2

「正直な話、独創的な物よりも、ブランドデザインに似ている方が売れると言えば売れる」

「独創的な物」とは、他にない個性的な物、ある人が一人で考えて作り出した物という意味合いになります。

しかし、そのような個性が際立った物よりは有名なブランドであったり流行のデザインに似ている方が求められる傾向にあると例文は言い表しているのです。



「独創」の類語や類義語

「独創」の類語や類義語を紹介します。

  • 「独自性」【どくじせい】
  • 「オリジナリティー」【おりじなりてぃー】

「独自性」【どくじせい】

「独自性」とは他とは違う、個性、その人だけが持つ性質といった意味になります。

「言われた通りに作るのではなく、独自性を追求した物を作りたいと思うようになった」「この業界は、独自性がない人は伸びない」などと使います。

「オリジナリティー」【おりじなりてぃー】

「オリジナリティー」とは、独創性、創意といった意味の英語ですがよく使われる言葉となります。

「オリジナリティーがあっていい」「彼の作品を見ればわかると思うけれど、本当にオリジナリティーに富む人だ」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「独創」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。