意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「全滅」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「全滅」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「全滅」という言葉を使った例文や、「全滅」の類語を紹介して行きます。

全滅

Meaning-Book
「全滅」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「全滅」とは?意味
  • 「全滅」の表現の使い方
  • 「全滅」を使った例文や短文など
  • 「全滅」の類語や類義語・言い換え


「全滅」とは?意味

「全滅」とは?意味

「全滅」には、「全て残らず滅びること」という意味があります。

  • 「全滅」の読み方

「全滅」の読み方

「全滅」の読み方は、「ぜんめつ」になります。



「全滅」の表現の使い方

「全滅」の表現の使い方

「全滅」の表現の使い方を紹介します。

「全滅」には、「全て残らず滅びること」という意味があります。

そこで、何かが残らず滅びてしまった時、また何かを残らず滅ぼす様子を見た時、「全滅」という言葉を使ってみましょう。

例えば、恐竜が地球上の王者だった時代があります。

地球の全域に恐竜がいて、この世の春を謳歌していました。

しかし、隕石が地球に衝突し、気候が変動すると、環境の変化についていけなかった恐竜は残らず滅びてしまいます。

この恐竜の様子を、「隕石の衝突により、恐竜が全滅する」などと、「恐竜」という言葉を使って表現できます。

「全滅」を使った例文や短文など

「全滅」を使った例文や短文など

「全滅」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「全滅」を使った例文1
  • 「全滅」を使った例文2

「全滅」を使った例文1

「購入した宝くじの当せんを照合したら、『全滅』してしまった」

この例文は、購入した宝くじの当せんを照合して行ったが、残らず外れてしまったという文章になります。

このように「全滅」には、「全て残らず滅びること」という意味があります。

一つも当せんがなく、購入した代金が無駄になった時などに、「全滅した」などという言い回しを使います。

「全滅」を使った例文2

「地球人を『全滅』させるため、宇宙から悪の帝王が訪れる」

この例文は、宇宙から地球人全てを滅ぼすために、悪の帝王がやってきたという文章になります。

地球の資源を使うなどの目的を果たすために、地球人が邪魔なため「全滅」させようとしているのかもしれません。



「全滅」の類語や類義語・言い換え

「全滅」の類語や類義語・言い換え

「全滅」の類語や類似を紹介します。

  • 「全壊」【ぜんかい】
  • 「絶滅」【ぜつめつ】

「全壊」【ぜんかい】

「全壊」には「建物などが原形がわからなくなるほど壊れること。」という意味があります。

「大きな地震のため、家屋が全壊する」という文章は、「大きな地震が起こったため、家屋が原形がわからなくなるほど壊れた」という意味になります。

「全壊を招く」などという使い方をします。

「絶滅」【ぜつめつ】

「絶滅」「生物の種が死に絶え滅びること」という意味があります。

「絶滅した動物を集めた図鑑」という文章には、「死に絶え滅びた種を集めた図鑑」を意味します。

「絶滅危惧種」「絶滅を防ぐ」などという使い方をします。

icon まとめ

「全滅」という言葉について見てきました。

残らず滅びること、残らず滅ぼすことについて話す時、「全滅」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。