意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アンチテーゼ」とは?意味や類語!表現の使い方

たまに聞く言葉ながら、今ひとつ意味が分からないという人も多いと思われる「アンチテーゼ」について、詳しく解説していきます。

アンチテーゼ

Meaning-Book
「アンチテーゼ」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「アンチテーゼ」とは?
  • 「アンチテーゼ」の語源
  • 「アンチテーゼ」を分解して解釈
  • 「アンチテーゼ」を使った例文と意味を解釈
  • 「アンチテーゼ」の類語や言い換え


「アンチテーゼ」とは?

「アンチテーゼ」とは、反対の意味を込めた主張という解釈で使われる言葉です。

この言葉をよく聞く形として、「〜に対するアンチテーゼとして」のような使い方が多く見られます。

かの高級スポーツカーのランボルギーニは、創設当初はトラクター専門の車メーカーでした。

それが、同社の創設者であるフェルッチオ・ランボルギーニ氏が、所有していたフェラーリの車を分解してみたところ、同社のトラクターと同じ部品が使われていることに気付き、それでいて高額で販売していることに対するアンチテーゼとして、同様のスポーツカー事業にも乗り出したというのは有名な話です。

その当初はフェラーリの性能以上の車を次々と低価格で販売していましたが、現在ではランボルギーニもすっかりフェラーリ同様の高級スポーツカーメーカーとなってしまっているのはまた別の話です。



「アンチテーゼ」の語源

「アンチテーゼ」は、英語で“antithesis”と表記します。

元はドイツ語の“antithese”(発音は同じ)で、“these”「主張」という哲学用語で、それに「反対する」という意味の“anti”が付いて、この言葉となっています。

日本語で「嫌っている」という意味でよく「アンチ」と使われるのは、実はこの「アンチテーゼ」を略したものです。

「アンチテーゼ」を分解して解釈

「アンチテーゼ」を2つに分解して、それぞれ詳しく解釈していきます。

日本語としては、上のように「アンチ」だけで「アンチテーゼ」の意味をカバーしていると考えていいでしょう。

  • 「アンチ」
  • 「テーゼ」

「アンチ」

英語(ドイツ語)で“anti”と言葉の前に付けると、それに「反対する」「対抗する」という意味になります。

有名な使い方が“antivirus”(アンチウイルス)で、コンピューターのウイルス対策ソフトの商品名にもなっているので、聞いたことがある人も多いでしょう。

スポーツにおける禁止薬物の使用をチェックする機関は、“Anti-doping Agency"と呼ばれており、こちらも"doping”(ドーピング、禁止薬物の使用)に反対する機関という意味になります。

「テーゼ」

“these”(ドイツ語)は、先の説明のように、「主張」という意味です。

英語では“thesis”という綴りになり、同じく「主張」「命題」、時には「論文」としても使われる言葉です。

「アンチ」を付けないこの「テーゼ」とは、カタカナ語ではあまり使いませんが、アニメで有名な「残酷な天使のテーゼ」というタイトルの楽曲があります。

歌のタイトルなので、そこまで深い意味が込められているのか分かりませんが、天使(神)が与えた残酷(過酷)な命題(こなさなければいけない運命)とでもすると、アニメの内容とよく連動した解釈になります。



「アンチテーゼ」を使った例文と意味を解釈

「アンチテーゼ」を使った例文と、その意味の解釈です。

意味が分かってしまうと、それほど難しくもない言葉です。

  • 「アンチテーゼ」を使った例文

「アンチテーゼ」を使った例文

「あの人の服装は、このパーティの主催者へのアンチテーゼだろう」

その主催者が好まないような服装で参加することで、嫌々来ていると主張しているようなシチュエーションを想像してください。

このような無言のアンチテーゼと表現できる行動は、色々な事柄に対して行われています。

「アンチテーゼ」の類語や言い換え

「アンチテーゼ」と似た意味のある言葉です。

アンチテーゼと使うより、直接的な表現になります。

  • 「嫌味」(いやみ)
  • 「揶揄」(やゆ)

「嫌味」(いやみ)

あからさまな嫌味になる言動は、アンチテーゼからきているものと解釈できます。

アンチテーゼと呼べる言動には、少なからず対象へのこれが含まれていることがほとんどです。

「揶揄」(やゆ)

この「揶揄」は、馬鹿にしたりからかうことで、その対象に反対する意味から行った場合には、アンチテーゼの1つだと捉えていいでしょう。

icon まとめ

「アンチテーゼ」は、意味が分かると、意外と使える場面が多い言葉です。

「あの商品の名前は○○へのアンチテーゼとして付けたようだ」といった具合に、うまく意味に当てはめて使うことができます。