意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嫌味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「嫌味」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「嫌味」という言葉を使った例文や、「嫌味」の類語を紹介して行きます。

嫌味

Meaning-Book
「嫌味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「嫌味」とは?意味
  • 「嫌味」の表現の使い方
  • 「嫌味」を使った例文や短文など
  • 「嫌味」の類語や類義語・言い換え


「嫌味」とは?意味

「嫌味」には、「人に不快な思いを与える言動」という意味があります。

  • 「嫌味」の読み方

「嫌味」の読み方

「嫌味」の読み方は、「いやみ」になります。



「嫌味」の表現の使い方

「嫌味」の表現の使い方を紹介します。

「嫌味」には、「人に不快な思いを与える言動」という意味があります。

そのため、誰かに不快な思いを与えるような言動を聞いた時、「嫌味」という言葉を使ってみましょう。

例えば、彼氏に料理を作ってあげた時、「味付けが薄い」と言われたら、彼女は不快な思いをするかもしれません。

このような時、「嫌味を言うなら、食べなくていい」などと「嫌味」という言葉を使って相手を責められます。

このように、人に不快な思いを与える言動を聞いた時、「嫌味」という言葉を使ってみましょう。

「嫌味」を使った例文や短文など

「嫌味」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「嫌味」を使った例文1
  • 「嫌味」を使った例文2

「嫌味」を使った例文1

「ぽっちゃりしていて可愛いと言われたが、『嫌味』にしか思えない」

この例文は太っていることを気にしている人が、他の人に「ぽっちゃりして可愛い」と言われたものの、人に不快な思いを与える言動をされたとしか思えないと感じている場面になります。

このように「嫌味」には、「人に不快な思いを与える言動」という意味があります。

仮に褒め言葉だったとしても、相手が不快に感じたら「嫌味」になってしまいます。

「嫌味」を使った例文2

「ひねくれた性格のため、『嫌味』しか頭に浮かばない」

この例文に登場する人は、ひねくれた性格という自覚があるのでしょう。

自分が誰かに話しかけようとすると、人に不快な思いを与える言動しか思い浮かばないという意味があります。

本当は、好きな人に対して、素直に好きと言えず、「ブスの割に性格いいな」など、相手を不快にさせそうな言葉を思いつく人は「嫌味」のプロかもしれません。



「嫌味」の類語や類義語・言い換え

「嫌味」の類語や類似を紹介します。

  • 「悪口」【わるぐち】
  • 「皮肉」【ひにく】

「悪口」【わるぐち】

「悪口」には、「他人を悪く言うこと」という意味があります。

「彼氏の悪口を言う」「上司の悪口を聞かされる」などという使い方をします。

「皮肉」【ひにく】

「皮肉」には、「遠まわしに意地悪く相手を非難すること」という意味があります。

「若い社員に皮肉を言うベテラン社員」には、「遠まわしに意地悪く若い社員に皮肉を言うベテラン社員」という意味があります。

「皮肉に聞こえる」「皮肉しか言わない」などという使い方をします。

icon まとめ

「嫌味」という言葉について見てきました。

人に不快な思いを与える言動を見聞きした時に、「嫌味」という言葉を使ってみましょう。