意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「どうしよ平八郎の乱」の意味・読み方・【使い方や例文】

最近の若者言葉の中には、歴史的事件や人物をもじったものが多く存在しています。

日本史の授業で習うため、学生の間で大いに共有・拡散されています。

「どうしよ平八郎の乱」をみなさんは聞いたことがあるでしょうか?

どうしよ平八郎の乱

Meaning-Book
「どうしよ平八郎の乱」の意味・読み方・【使い方や例文】>


目次

  • 「どうしよ平八郎の乱」の意味とは?
  • 2「どうしよ平八郎の乱」の読み方
  • 「どうしよ平八郎の乱」の言葉の使い方
  • 「どうしよ平八郎の乱」を使った例文と解釈
  • 「大塩平八郎の乱」とは?


「どうしよ平八郎の乱」の意味とは?

『どうしたらよいのだろうか』という戸惑いを表します。

ちゃかして「平八郎の乱」をつけることによって、深刻さを緩和し自分がこの件に関してあまりダメージを受けていない事を暗に示しています。



2「どうしよ平八郎の乱」の読み方

『どうしよ・へいはちろうの・らん』

どうしよは一見疑問形にも見えますが、クエスチョンマークがつかず、語尾の発音の上昇もみられません。

「どうしよ平八郎の乱」の言葉の使い方

困った事態が発生したときに使います。

深刻な悩み事を抱えているというよりも、突発的なトラブルに対しての戸惑いとそのような事態に陥ってしまったという悲哀への共感を期待して使われます。

あっけらかんと少々イライラ感をこめて言い放ちましょう。

類義語:やばたにえん

「どうしよ平八郎の乱」を使った例文と解釈

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「財布落としちゃった!どうしよ平八郎の乱(泣)」

財布を落とすというトラブルに見舞われたという報告。

実際に『どうしたらよいのか』を問うているのではなく(探せばよいということは本人も承知しているため)自己責任とはいえ、不運に見舞われた自分への慰めの言葉を期待して使われます。

例文2

「テスト勉強してないよ。どうしよ平八郎の乱」

テストの点数がよくないであろうことを事前に発表し、勉強していないにもかかわらずテストを受けざるを得ない事態を嘆いています。

この場合、本当に試験勉強をしているかしていないかはさておき、周囲の共感による自分一人だけが勉強をしていないのではないという安心感を強要していると言えます。

同意するか否かはテスト勉強の有無ではなく、言った本人との人間関係によって決定されます。

例文3

「彼氏に振られちゃった。どうしよ平八郎の乱」

彼に別れをきりだされるという深刻な出来事に対してこの言葉を使っている場合、本人はさほどダメージを受けていないと思われます。

もしくはそのように本人がふるまいたがっていることを表わしています。

しかし、一応、周りの人たちは彼女を慰め、彼氏の見る目のなさを一緒にこき下ろすという手順を踏むことが必要です。

「大塩平八郎の乱」とは?

江戸時代『天保の大飢饉』で米不足に苦しむ大阪で、幕府の役人である大塩平八郎が行った江戸幕府に対する反乱。

米を買い占める豪商や大阪奉行所の役人の不正に怒りを募らせた大塩は、妻を離縁し家財を売って武器を買い、決起の趣旨を文章にし農民を集めました。

乱は半日で制圧されたものの、幕府の元役人が首謀者であったことに民衆は衝撃を受け、その決起を集める文は密かに庶民の手で全国に広まり、各地で同様の乱が勃発しました。

icon まとめ

「どうしよ平八郎の乱」という言葉に関して言えば、『大塩』と『どうしよ』をもじっているだけで、つづく『平八郎の乱』自体には全く意味がありません。

『東海』を『了解』に置き換えた『了解道中膝栗毛』も、同様のおやじギャグ的なアレンジと言えるでしょう。

「どうしよ平八郎の乱」が本来の「大塩平八郎の乱」とはなんの関係もないことは明白ですが、どちらもトラブルや困難がそもそもの発端です。

今日の若者たち自身に起こった事態の重大さと「大塩平八郎の乱」という、正義のための戦いであり勝てるはずのない負け戦に命を懸ける悲惨さを比較し、「こちらのほうがまだまし」というちょっとした安堵の気持ちを持つことができるということを、JK達は気づいているのでしょうか?