意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ハピバ」とは?意味!由来「HPB」と「HBD」どちらが正しい?

LINEで若い人から急に「ハピバ!」と送られてくるとどの様な意味なのか戸惑ってしまうものです。

「ハピバ」の意味や由来について紹介します。

ハピバ

Meaning-Book
「ハピバ」とは?意味!由来「HPB」と「HBD」どちらが正しい?>


目次

  • 「ハピバ」とは?
  • 「ハピバ」の由来
  • 「HPB」と「HBD」どちらが正しい?
  • 「ハピバ」はもう古い?死語?


「ハピバ」とは?

「ハピバ」の意味は「お誕生日おめでとう」ということです。

お誕生日の人に対して言葉で言ったり、LINEやメールで送ることもあります。

仲の良い友達程面と向かって「お誕生日おめでとう」というのは照れ臭いものです。

さりげなく「ハピバ」と言うことで気持ちを伝えようとしてできた言葉だと思われます。



「ハピバ」の由来

「ハピバ」の由来は英語の「ハッピーバースデー」から来ています。

この言葉が若者の間で略されて使われる様になりました。

現代の若い人達は何かと言葉を省略するもので、少し前までは「メリクリ=メリークリマス」「あけおめ=あけましておめでとう」などという言葉が流行りました。

メールやLINEを使ってコミュニケーションを取る習慣があり、中にはツイッターの様に文字数制限を設けているツールもあります。

言葉を略した方がより効率よく文章が作れて、内容が盛り込めるというメリットもあるのです。

「HPB」と「HBD」どちらが正しい?

「ハピバ」は口語であり、LINEやメールにすると「HPB」「HBD」と表記されます。

「HPB」は、単に「ハピバ=HaPiBa」の3つの母音を抜き取ったものです。

「HBD」は英語の“Happy Birth Day”の頭文字を抜き取ったものです。

どちらが正しいということはなく、その人がどちらを元にしたのかという違いだけです。

意味はもちろんどちらも同じですので、どちらが正しいかはあまり気にする必要はありません。



「ハピバ」はもう古い?死語?

「ハピバ」は2005年頃から使われる様になった言葉です。

その頃の世代の若い人が大人になり、新たに若い世代の子供達が「ギャル」になると、少しずつ言葉も変わってくるでしょう。

決して「死語」ではありませんが、流行り出してから10年以上経過していますので昔程使う人は減って来てます。

icon まとめ

「ハピバ」「ハッピーバースデー」の略語で「お誕生日おめでとう」という意味です。

LINEやメール、ツイッターなどで若い人に使われていた言葉です。

現在でも使っている人はいますが、やや古く感じられてオシャレというイメージではありません。