意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「唾棄」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

唾棄すべき件というのは、日常で稀にある出来事になります。

そして、そのような卑劣な行為に対しての一般感覚からの評察を唾棄すべき内容と評価します。

唾棄

Meaning-Book
「唾棄」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「唾棄」の意味とは?
  • 「唾棄」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「唾棄」の言葉の使い方
  • 「唾棄」を使った例文と解釈
  • 「唾棄」の英語
  • 「唾棄」の語源や由来
  • 「唾棄」を使った言葉と意味を解釈


「唾棄」の意味とは?

唾棄の意味は、つばを吐き捨てるようなの内容です。

これは、怒り心頭の場面で、本当にやってはならないことなのですが、言葉での表現により、今にも唾棄しそうな現場だという言い方に換える手法です。

言葉での表現ですので、心理的な様相を具体的な行動にするより、心の内で、そう唱えてしまいそうな言葉で良いでしょう。

  • 「唾棄」の読み方

「唾棄」の読み方

唾棄はだきと読みます。

つばを吐き捨てるという意味に成り、それは、世界共通にある憎しみや怒りの表現と思われます。

一般大衆で道路につばを吐くシーンはありますが、これは、素性が粗野で粗暴であるというはなしになり、紳士とは言えません。

そして、その唾棄事態を、本来はそうでない人が、そのように感傷してしまう事件を指す言葉として、唾棄事件としても良いでしょう。



「唾棄」の類語や言い換え・似た言葉

唾棄の類語としては、つばを吐き捨てそうなという意味で、その対象に対して怒り狂っている場合のそれになります。

ただし、相手が悪質であることが、条件ですので、その怒りをそのような表現で抑えるというのが、言葉での達者になります。

実際、唾棄は海外でもしてはならない事とされていますので、言葉での表現に留めましょう。

「唾棄」の言葉の使い方

唾棄の言葉の使用法は、その具体的な表出によらずに、それを評価する際の言葉にすると適当になります。

つまり、おぞましい事件の主犯に対し、唾棄をもよおす惨状ですという意味でなら、それを正当に評価する人は多いでしょう。

眼をそむけたくなるでは、逃げになりますので、それに対する正義の感情として、唾棄すべき事件という意味になります。



「唾棄」を使った例文と解釈

唾棄を使用した例文では、唾棄を評論として書く方法があります。

ただし、これは評論としては、主観の入り混じった表現になりますので、公衆一般において同意するような事件に対し、その悪い評価を下すことが適当である場合に限っての事です。

そして、その大衆の怒りに関して、その評論で治めるという言い方が適当でしょう。

ただし、公衆一般においてそれが扇動目的で使用されてはなりません。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

唾棄すべき内容として処理します。

唾棄すべき内容というのは、まったくの消去処理を行うということです。

これは、従業員同士が暴力事件に発展した場合、加害に向かって対処すべき、上司・管理職の行為として鉄則です。

これを怠っていれば、現場から優良な人員が流出し、まともな従業員が居なくなります。

つまり、悪質な人員を抹消することが必要です。

例文2

唾棄の件については、査問会議にかけるとしましょう。

唾棄の件についてとは、紳士・淑女である社会人が、粗野で悪質な行動をとったということで、その審査判定に憂慮の余地はあるかどうかを判別する会議での内容です。

これは、何対何の割合で、加害に責任があるか、若しくは、その首謀者扇動者がどこに隠れているか、金銭の共述効果があったかどうかについて、審査・判定します。

例文3

唾棄は通常の行いであってはなりません。

唾棄は通常のふるまいではいけません。

道端でつばを吐く行為は、ジェントルマンの観点からすると失格になります。

これは、社会のマナー違反ですので、止めましょう。

そして、その唾を吐く行為というものが、正義の観点から、正当と見られる際に、表現だけの表出に留めるのが、社会ルールとなります。

「唾棄」の英語

唾棄 meaning in english

唾棄の英語は、“contemptuous”といいます。

「唾棄」の語源や由来

唾棄の語源は、唾を吐き捨てそうだという、意志の表現がもとになります。

つまり、捨て去るという意味に、憎しみがかかるケースにおいて、今にも唾棄しそうだという、警句の表現が由来とされるでしょう。

これは、実際に暴力争いになる前に、未然に評論のみで闘う場合に有効とされます。

そして、その表現が正当で正義である保証も必要になります。

「唾棄」を使った言葉と意味を解釈

唾棄を使用した言葉では、唾棄を正義の表明とするケースでは悪の退治と映ります。

そして、唾棄自体がマナー違反とされるのであれば、公序良俗の観点から、それを失礼な態度として判定できます。

また、その唾棄が侮蔑の意味を込めていて、しかも精神的な苦痛以上の効果を与えたときには、その性質の本人は悪質と言われます。

  • 「唾棄の事後処理」
  • 「唾棄の粗野性」
  • 「唾棄すべきとする判定」

「唾棄の事後処理」

唾棄すべき判定とするのであれば、対策は永久解雇になります。

唾棄すべき判定は、特殊な会議で、従業員の素性を明らかにする作業に依って、成り立ちます。

これは、唾棄すべきとする永久追放の意味を悟らせてくれます。

会社組織では有る種の事件に関し、その件を一掃することで、事業の存続が成り立ちます。

ほうっておくと、大変な事態となり、会社組織自体が民衆から唾棄されそうになるのです。

「唾棄の粗野性」

唾棄の態度は、公衆を怒らせます。

唾棄の態度は、マナー違反です。

これは、なんでもないのに道路上に唾を吐きかける行為をなんとも思っていない、客観的な感性のない、そして、自分の粗暴行為が、人の迷惑になるという意識すら無い、愚劣な行為とされます。

そして、その人格は歪んでいることが多いのです。

「唾棄すべきとする判定」

唾棄すべき内容であるのは、市民評価として明らかです。

唾棄すべき内容という情報があります。

ニュースなどを見ていても、身の毛がよだつような事件のプレスがあったりしますが、こういったものは、民間社会から廃絶しなくてはなりません。

そして、そういった、忘れたいが忘れてはならない件、そして、はやく埋没させたいような件に関して、唾棄すべき内容として、社会から一掃するのが、健全な社会理論です。

icon まとめ

共同社会においての、唾棄すべき内容は、その愚劣な行為に対する判定が有り、正義の側からすれば、それを唾棄するという具体的な行為より、そのようだ、そしてそのようにすべきだという公衆一般理論を基にしています。

また、唾棄するという行為は、紳士・淑女の世界には必要のないことですので、言葉に置いて、置き換えるという倒置的な用法で、言葉の表現があります。

実際に、唾棄をしてしまえば、それが原因で争い事になるかもしれませんが、正当な感情からはそう思えるという件には、おそらく皆が同意するでしょう。