意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ノーコスト」の意味とは!類語や例文!

この「ノーコスト」は、一般的な解釈の他にゲーム用語としても用いられます。

ノーコスト

Meaning-Book
「ノーコスト」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「ノーコスト」とは?
  • 「ノーコスト」の表現の使い方
  • 「ノーコスト」を使った例文と意味を解釈
  • 「ノーコスト」の類語や類義語


「ノーコスト」とは?

「ノーコスト」は、一般的には「費用が掛からない」ことの表現になります。

「うちの会社の方はほとんどノーコストだった」のように、ビジネスでよく使われる言葉ですが、本当に何も掛かっていないという場合だけでなく、ほぼそれだったという意味で用いられるケースも多いです。

実際のところ、何をするにも人件費というものが発生します。

しかし、それは計算には入れずに何かを購入や手続きなどの為に費用が掛かることなく終わったという場合に、便宜上使われることがあると考えてください。

また、ゲーム用語としてもよく聞く言葉で、主にカード(タイプの)ゲームで使われています。

こちらでは、何も消費することなく味方の召還や攻撃が行えるという意味になります。



「ノーコスト」の表現の使い方

「ノーコスト」の表現の使い方を紹介します。

一般的な解釈では、「ノーコストで何とかできない?」のように用られ、先のように、できる限りそれに近い(近く)という意味で使われることが多い言葉です。

本当に全くの無料という意味で、「ノーコストでもらえた」という使い方もできます。

ゲームでは、そのゲームによってまちまちな点もありますが、モンスターごとに召還コストが設定されていたり、攻撃にコストが掛かるような場合に、それらが必要ないという意味になり、「これは☆3までのモンスターをノーコストで紹介できる魔法カードだ」といったような使われ方になります。

「ノーコスト」を使った例文と意味を解釈

「ノーコスト」を使った例文と、その意味の解釈です。

ビジネスにおいては、本当に全くのノーコストという場合はまずないと考えていいでしょう。

  • 「ノーコスト」を使った例文1
  • 「ノーコスト」を使った例文2

「ノーコスト」を使った例文1

「ノーコストで何とかしろと言われても、そう簡単にできる訳がない」

できるだけ費用を掛けずに、追加費用が掛からないようにといった解釈で使っているものと思われます。

人が動いている時点でそのコスト(人件費)が発生していますが、前述の通り、それについては考慮していないと考えていいでしょう。

「ノーコスト」を使った例文2

「このモンスターはノーコストで召還できるだけに、それほど役に立たない」

普通のゲームでは、召還の為のコストが大きいモンスターほど強いものです。

常にノーコストでそれができるような対象にはあまり期待はできそうにありません。



「ノーコスト」の類語や類義語

「ノーコスト」の類語や類義語を紹介します。

一般的な意味の方の類語になります。

  • 「ロハ」【ろは】

「ロハ」【ろは】

費用が掛からない、無料だという意味で、「入場料はロハらしいが、乗り物ごとにチケットが必要だと聞いている」のような使い方をされる言葉です。

「ロハで何とかやってもらえない?」などとビジネスでも用いられることがあります。

icon まとめ

「ノーコスト」は、その為の費用が掛からないという表現で、ビジネスでは人件費はほぼ考慮せずに考えて使う言葉だと覚えておきましょう。