意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ドロップアウト」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

最近の会話を聞いていると、日常会話だけでなく、ビジネスシーンでも、カタカナ語を耳にする機会がとても増えてきました。

その中で「ドロップアウト」という言葉がありますが、どのような意味があるかご存知でしょうか? そこで今回は、この「ドロップアウト」にフォーカスして、意味や活用法を探っていくことにします。

ドロップアウト

Meaning-Book
「ドロップアウト」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ドロップアウト」とは?意味
  • 「ドロップアウト」の表現の使い方
  • 「ドロップアウト」を使った例文と意味を解釈
  • 「ドロップアウト」の類語や類義語


「ドロップアウト」とは?意味

「ドロップアウト」は英語の“drop out”を語源としていますが、元々は、ラグビーのルールの用語の1つです。

しかし、一般的には、「組織や社会などから弾かれること」を指しています。

いわゆる「落ちこぼれること」「脱落」という解釈になります。



「ドロップアウト」の表現の使い方

「ドロップアウト」「社会から脱落する」という意味になりますので、厳しい競争社会について行けずに落ちこぼれて行くような人を指して使われることがあります。

「ドロップアウト」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ドロップアウト」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにします。

  • 「ドロップアウト」を使った例文1
  • 「ドロップアウト」を使った例文2

「ドロップアウト」を使った例文1

「現代のビジネス業界は、激しい競争社会であり、多くの人達がドロップアウトしていますが、そんな人でもインターネットを活用したビジネスで頑張る人も少なくありません」

現代の日本経済も昔のような終身雇用の環境が薄れてきました。

海外のように実力社会となり、「ドロップアウト」していく人も増えてきました。

しかし、インターネットの普及により、ネットビジネスなどで、サラリーマン時代より、多くの収入を稼いでいる人もいます。

「ドロップアウト」を使った例文2

「僕は高校の頃にクラスの中では、一番始めにドロップアウトした人間だった。でも、その悔しさをバネにして、今、成功しています」

学生の時に「ドロップアウト」してしまう人も、世の中にはいます。

しかし、そこで挫折したままではなく、その時の悔しさを原動力として、社会人になってから頑張っている人もたくさんいらっしゃいます。



「ドロップアウト」の類語や類義語

「ドロップアウト」を他の言葉で言い換えるなら、どのような類義語があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「リタイア」【りたいあ】
  • 「放棄」【ほうき】

「リタイア」【りたいあ】

「リタイア」「ドロップアウト」に近い意味を持つ言葉として挙げることができるでしょう。

「参加する権利を放棄すること」という意味がありますが、「実社会から引退すること」という解釈もできる言葉です。

「放棄」【ほうき】

「放棄」「ドロップアウト」と同じ意味で使われることがあります。

「取り組みや物事を途中で投げ出して放棄する」という意味になりますが、「困難な状況を目の前にして逃げ出す」というような意味合いも含まれることがあります。

icon まとめ

「ドロップアウト」という言葉は、「仕事を辞めて引退した人」というニュアンスで使われることもあります。

どうしても「放棄」というようにマイナス的な印象がありますが、使い方によっては、解釈が若干異なることもあります。