意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「メルクマール」の意味とは!類語や例文!

皆さんは普段の会話の中で、色々なカタカナ語を交えながら、会話を円滑に進めていらっしゃるかと思います。

しかし、その会話の中で、全く聞いたこともなく意味を理解することさえ難しいものもあるでしょう。

その1つに「メルクマール」という言葉があるのですが、全く意味を知らない人も少なくありません。

そこで今回はこの「メルクマール」にフォーカスして言葉の意味や使い方を探って行くことにしたいと思います。

メルクマール

Meaning-Book
「メルクマール」の意味とは!類語や例文!>


目次

  • 「メルクマール」とは?意味
  • 「メルクマール」の表現の使い方と注意点!
  • 「メルクマール」を使った例文と意味を解釈
  • 「メルクマール」の類語や類義語


「メルクマール」とは?意味

「メルクマール」とは、ドイツ語“Merkmal”を語源とした言葉で、「一定の内容を表す印となるもの」という意味がある言葉です。



「メルクマール」の表現の使い方と注意点!

カタカナ語が氾濫しているほどに増えている中で「メルクマール」は、「指標や目印」などの意味がありますが、日本語としての「メルクマール」には、その他にももう1つの大切な意味があります。

それは「概念」「属性」といった意味があり、「普通の意味とはちょっと違うようなこと」を指していますので、そのようなジーンの中で使うことができます。

「メルクマール」を使った例文と意味を解釈

ここで「メルクマール」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「メルクマール」を使った例文1
  • 「メルクマール」を使った例文2

「メルクマール」を使った例文1

「何かしっかりとメルクマールを作っておくことで、迷っている人達への基準になることがある。これもある意味マニュアル化と言い換えることができるだろう」

ここでの「メルクマール」とは、ある種のマニュアルのようなものかもしれません。

特にビジネスの世界では何かしらの指標が必要になってくることがありますので、ここでの「メルクマール」は、そのようなものです。

「メルクマール」を使った例文2

「金融市場が改善をしているかどうかを確認するためには、メルクマールとして日本のマーケットの金融状況を確認することがいいと思われる」

金融市場では、混迷している環境にある場合に、何か「メルクマール」を元にして、比較するなり何が違っているのかを把握することが必要でしょう。

めったに使われることのない、「メルクマール」も、このようにビジネスの世界の中でも使えるシーンがかなりあるものです。



「メルクマール」の類語や類義語

ここで「メルクマール」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「指標」【しひょう】
  • 「道しるべ」【みちしるべ】

「指標」【しひょう】

「指標」「メルクマール」の類義語として挙げることができます。

「指標」「物事を進める上で、参考にするもの」、あるいは「先行きを指し示すもの」という意味があります。

「道しるべ」【みちしるべ】

「道しるべ」「メルクマール」に近い意味を持つ言葉です。

「道路の分岐点に立てられている交通標識」のことですが、転じて「それぞれの道が進む方向や目的地を示すこと」という意味で解釈することもできる言葉です。

icon まとめ

「メルクマール」という言葉はあまり日頃の会話の中で使われることがないものですが、知っておくと色々な場面で応用が利く言葉の1つです。