意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マーケティング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「マーケティング」は、ビジネスではお馴染みとなっている言葉で、新しいサービスや商品には欠かせないと言っていいでしょう。

Meaning-Book
「マーケティング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「マーケティング」の意味とは?
  • 「マーケティング」の表現の使い方
  • 「マーケティング」を使った例文と意味を解釈
  • 「マーケティング」の類語や類義語


「マーケティング」の意味とは?

「マーケティング」とは、サービスや商品、またはブランドをどのように展開すれば効果的か調査、及び考察すること、そして、その実行まで含んで使うこともある言葉です。

実際の方法の1つとして、それらの展開(発売)前にアンケートをとったり、モニターの募集などといったことも行われており、その結果次第で提供されるサービスや発売になる商品に大きく影響することも少なくありません。



「マーケティング」の表現の使い方

「マーケティング」の表現の使い方を紹介します。

このマーケティングが不足していると、折角の新しいサービスや商品が不発に終わってしまうかも知れません。

例えば、新しいテレビを発売したものの、全く不発に終わったとします。

その原因として、従来の他社製品と大して変わらなかったと後から分析された場合には、事前にマーケティングでどんな機能が欲しいか、どんなデザインがいいかといったような情報を収集していなかったからだと推測されるという訳です。

また、新しくお店を出店する際に、その土地柄にお店が合っているかという調査などもこのマーケティングになります。

「マーケティング」を使った例文と意味を解釈

「マーケティング」を使った例文と、その意味の解釈です。

色々な方法が考えられますが、そのサービスや商品に合うもの選ぶことが大切になります。

  • 「マーケティング」を使った例文1
  • 「マーケティング」を使った例文2

「マーケティング」を使った例文1

「苦労したマーケティングの効果か、初日から連日大盛況だ」

前々から苦労しながら色々な調査を行っていた為、開店したお店が当たったと使っています。

全国展開をしている大きなチェーン店であってもこのようなマーケティングは必ず行っているものです。

「マーケティング」を使った例文2

「全くの販売不振だった原因は、やはりマーケティングが足りなかったからだろう」

先のテレビの例のように、マーケティングが不足していると、新製品が不振に終わってしまうことがあります。

このテレビのように、既に同じ種類の物が色々な会社から発売されている場合には特にその傾向が高いので、マーケティングがとても大切になります。



「マーケティング」の類語や類義語

「マーケティング」の類語や類義語を紹介します。

これらはよく合わせて使われる言葉です。

  • 「リサーチ」【りさーち】
  • 「ブランディング」【ぶらんでぃんぐ】

「リサーチ」【りさーち】

マーケティングの方法の1つとして、この「リサーチ」が挙げられます。

「事前のリサーチ」とすると、前述のアンケートやモニターなどがそれに当たります。

ただ「リサーチ」と使った場合には、サービスや商品の提供、発売が始まった後に行う場合も含みます。

「ブランディング」【ぶらんでぃんぐ】

ブランドとして一定の価値を確立させることで、これもマーケティングの1つだと考えていいでしょう。

ただし、必要以上にこれを行ってしまうと、(自分には高級過ぎるなどと思われて)反って逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

icon まとめ

「マーケティング」は広告1つにしても、その効果がきちんと出ないと意味がありません。

その為、どのようなマーケティングが有効なのかといったことから考える必要がある為、対象がどのようなものであっても簡単ではないと言えるでしょう。