意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ブランディング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「ブランディング」の為に、時には「もったいない」と言われるようなことも行われています。

ブランディング

Meaning-Book
「ブランディング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ブランディング」の意味とは?
  • 「ブランディング」の表現の使い方
  • 「ブランディング」を使った例文と意味を解釈
  • 「ブランディング」の類語や類義語


「ブランディング」の意味とは?

「ブランディング」とは、そのブランドとして確立させ、価値を高めることです。

ファッションブランドなどの一般的に「ブランド品」と呼ばれる対象だけでなく、企業としての価値を高めるという意味でも使われる言葉で、その場合は主に企業としてブランド化している名称がその対象になります。

ブランド品では、その価値の維持や向上の為、店舗を必要以上に豪華にしたり、一流俳優や女優などが広告キャラクターに使われる「ブランディング」が盛んに行われています。

後者では、商品自体よりブランド名の方を全面に打ち出して宣伝するなどという戦略が有名です。



「ブランディング」の表現の使い方

「ブランディング」の表現の使い方を紹介します。

ブランド品の世界では、発売期間の終わりに売れ残ったものを割引などせず、「ブランディング」として全て廃棄してしまうといったことまで行っています。

廃棄するくらいであれば、安価でも販売した方が利益になりそうなものですが、一切安売りはしないことで、そのブランドとしての価値が保たれているのです。

これが冒頭で書いた「もったいない」ことに当たりますが、「ブランディング」の為にはそのようなことさえ必要になる場合がなり、それによって価値(価格)が維持できているのです。

特にハイ(高級)ブランドと呼ばれるブランドでは、そのようなことは当たり前で、「ブランディング」「エコ」の精神とは真逆の行為だと言えるかも知れません。

「ブランディング」を使った例文と意味を解釈

「ブランディング」を使った例文と、その意味の解釈です。

売れ残った商品の廃棄は極端な例ですが、それ以外にも似たような行為がこれとして行われています。

  • 「ブランディング」を使った例文1
  • 「ブランディング」を使った例文2

「ブランディング」を使った例文1

「夏も終わるというのに、このメーカーのTシャツはブランディングの為に一切値下げしていない」

廃棄とまではいかなくとも、このような一切値下げをしないというブランディングはよく見られます。

シーズンオフが近付くに連れて、30%オフ、半額になっていくような商品も多いですが、ブランド力を維持する(=ブランディング)の為にそれは絶対にしないという戦略です。

「ブランディング」を使った例文2

「ブランディングに成功した為、それ自体が社名になったようだ」

このような例は少なくなく、実例として、かつての東京芝浦電気が「TOSHIBA」というブランド名で商品の発売を行い、そのブランディングの成功から社名自体が「東芝」と変わったのは有名な話です。

他にも、ソーシャルサイトの「mixi」(ミクシィ)のヒットにより、運営会社がイー・マーキュリーという社名から「ミクシィ」そのものに社名に変更したものいい例と言えるでしょう。



「ブランディング」の類語や類義語

「ブランディンブ」の類語や類義語を紹介します。

似ている言葉ですが、同じ意味という訳ではありません。

  • 「マーケティング」【まーけてぃんぐ】

「マーケティング」【まーけてぃんぐ】

どのようにそのサービスや商品を展開すれば有効なのか考えること、またはその実践まで含んで使う言葉です。

ブランド力を高めることもその方法の1つで、それが「ブランディング」になります。

icon まとめ

「ブランディング」「マーケティング」の1つとして、そのブランドや展開する会社にとってはとても大切なことです。

時にはもったいないことになる場合もありますが、必要だからこそそんなことまで(遭えて)行っていると考えてください。