意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「友人」とは?意味や使い方!例文や解釈

「友人」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「友人」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「友人」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「友人」とは?
  • 「友人」の表現の使い方
  • 「友人」を使った言葉と意味を解釈
  • 「友人」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「友人」の反対語
  • 「友人」の類語や類義語・言い換え
  • 「友人」の英語と解釈


「友人」とは?

「友人」とは、友達のことで、一緒に勉強や、仕事をしたり、遊んだりといったように自分と親しくしている人のことを言います。

  • 「友人」の読み方

「友人」の読み方

「友人」とは「ゆうじん」と読みます。



「友人」の表現の使い方

「友人」とは友達のことで、一緒に勉強、仕事をしたり、遊んだりする人のことを言います。

ようするに「友人」「友達」とは同じ意味ですからどちらの言葉を使っても構わないのです。

イメージ的には「友達」と使うより「友人」の方が大人っぽく感じられますし、文章で表す時、ちょっと改まった言い方をしたい時などに言います。

例えば上司など、目上の人と話す時などは「友達と遊びに行きました」と言うよりは「友人と出かけていました」の方がいいでしょう。

「友人と会う予定がある」「彼は高校の時の友人です」などと使います。

「友人」を使った言葉と意味を解釈

「友人」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「友人関係」
  • 「友人代表」
  • 「友人ではなく知人」

「友人関係」

「友人関係」とは、親しくしている間柄、友達関係という意味です。

また男女間においては、男女の関係ではないということを言いたい時に「友人関係」という言葉で言い表します。

「私たちはあくまでも友人関係ですので誤解しないでください」「彼とは非常にいい友人関係だと僕は思っている」などと使います。

「友人代表」

「友人代表」とは、複数の友達の中から選ばれた人のことを言います。

結婚式のスピーチ、葬式での弔辞などで使われる言い回しです。

「友人代表としてスピーチを頼まれたが、緊張する」「友人代表として僕がお別れの挨拶をすることになった」などと使います。

「友人ではなく知人」

「友人ではなく知人」とは、特別に仲がいいわけでなく、友達ではなく、単なる知っている人という意味になります。

人によって「友人」「知人」の区別は違います。

かなり親しくなければ「友人」として認めない人もいれば、ちょっと顔を合わせる程度でも「友人」としてカウントする人もいることでしょう。

「彼は友人ではなく知人だと言うのに、父は心配している」「友人ではなく知人だと私は思っているのだけど、彼女は親友気取りで何かと世話をやいてくる」などと使います。



「友人」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「友人」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「友人」を使った例文1
  • 「友人」を使った例文2

「友人」を使った例文1

「私は彼を友人と思っていたが、向こうは僕のことは単なる知人程度だったわけだ」

「友人」とは友達のことであり、一緒に勉強、仕事、遊びなどを親しくする間柄のことを言います。

一方で知人とは単なる知っている人、知り合いという意味になります。

例文のように、それぞれの相手に対する思いが違うことは起こります。

一方は親しい仲だと思っていても、他方はそれほどでもないという認識という場合は、思い入れが強い方にとってはショックなことでしょう。

「友人」を使った例文2

「男女の友人関係が成り立つとは、私は思えない」

「男女の友人関係」とは異性としての好意、恋愛感情ではないが、相手と親しくしたり友達として好きだという感情があることを言います。

そのような関係性が成り立つのか、成り立たないのかは、人によって違うことでしょう。

「友人」の反対語

「友人」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

「友人」には明確な反対語はありませんが、意味合いから当てはまる言葉を探してみました。

  • 「知人」【ちじん】
  • 「敵」【てき】

「知人」【ちじん】

「知人」とは、知っている人、知り合いという意味になります。

顔だけ知っていて挨拶や雑談をする程度の仲という時は「知人」という言葉の方が合うでしょう。

「駅で知人と偶然会った」「知人から聞いた話だが・・・」などと使います。

「敵」【てき】

「敵」とは自分にとって共存することができない存在のことで、張り合ったり、嫌っている者のことを言います。

「彼は今日から、私の敵だから」「彼女のことは敵だと思っているので、顔も見たくない」などと使います。

「友人」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「友人」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「朋友」【ほうゆう】
  • 「馴染み」【なじみ】
  • 「仲間」【なかま】
  • 「懇意」【こんい】

「朋友」【ほうゆう】

「朋友」とは友達、「友人」という意味になります。

中国語の「友人」を意味する「ポンユー」とも読みます。

「馴染み」【なじみ】

「馴染み」とは慣れ親しむこと、親しい仲の人を言います。

「会長さんと馴染みになる」「彼と俺は昔からの馴染みだから大丈夫」などと使います。

「仲間」【なかま】

「仲間」とはある物事を一緒にするもの、同じ種類に属するものを言います。

「仲間を大事にする」「仲間から抜ける」などと使います。

「懇意」【こんい】

「懇意」とは親しくしていること、遠慮がいらない間柄のことを言います。

「彼とは懇意にしているから、お願いしてみる」「いつの間にか懇意な間柄だったらしい」という風に使います。

「友人」の英語と解釈

「友人」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a friend”“a pal”という英単語を使います。

例文は“an old family friend”(家族ぐるみで付き合っている、古くからの友人)、“a friend of mine”(私の友人の一人)、“his few friends”(彼の数少ない友人)などと、なります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「友人」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。