意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ターゲット」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日本語には様々なジャンルの言葉がありますが、日常生活からビジネスシーンでも、よく耳にする言葉の中に「ターゲット」というキーワードがあります。

最近、色々なシーンでもよく使われていますが、この言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか?

Meaning-Book
「ターゲット」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ターゲット」とは?意味
  • 「ターゲット」の表現の使い方
  • 「ターゲット」を使った例文と意味を解釈
  • 「ターゲット」の類語や類義語


「ターゲット」とは?意味

「ターゲット」は英語の“target”を語源とした言葉で、「目標」「まと」という意味を持っています。

特にビジネス業界では、「商品の販売活動で狙った購入層」という意味で理解することができます。



「ターゲット」の表現の使い方

「ターゲット」「標的」「まと」、あるいは、「販売などの対象」という意味があるので、「若年層をターゲットにしたゲームアプリ」といったような使い方ができます。

「ターゲット」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ターゲット」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ターゲット」を使った例文1
  • 「ターゲット」を使った例文2

「ターゲット」を使った例文1

「このパソコンはヘビーユーザーをターゲットに開発された製品です。今年度の販売目標は2万台を設定しています」

特定の購入層を「ターゲット」に設定して、製品を開発することは、メーカーのマーケティング戦略として、よく見られることです。

インターネットのヘビーユーザーを「ターゲット」にしたパソコンやネット機器などでも、特定の人達を「ターゲット」にして作られていることが多いのですが、全方位の売り方よりも、安定した販売を見込むことが可能です。

「ターゲット」を使った例文2

「ターゲットを見誤ったことで、販売が伸び悩み、多くの在庫を抱えることになってしまった」

前の例文とは逆の現象となっている例文ですが、新製品を発売する前に「ターゲット」とした相手の設定を間違ったために、販売が伸びずに多くの在庫を作ってしまったということです。

このようなことにならないためにも、製品開発の段階で、しっかりとした「ターゲット」設定が重要です。



「ターゲット」の類語や類義語

「ターゲット」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「目標」【もくひょう】
  • 「狙い」【ねらい】

「目標」【もくひょう】

「目標」という言葉が「ターゲット」の類義語として扱うことができます。

「目的地への道筋となる目標がない」などの使い方がありますが、「めじるし」ということを指しています。

「狙い」【ねらい】

「ねらった目当て」「意図」という意味で解釈できる「狙い」「ターゲット」の類義語の1つになります。

「この施策の狙いは、反対者の考えを抑えること」というような使い方をします。

icon まとめ

ビジネスシーンでも、よく使われるようになった「ターゲット」は、商品の顧客層を検討する時に出てきます。

そのために、営業マンや販売の企画に携わる人達にとっても、このキーワードの意義を十分に理解してプラン作りや販売に力を注ぐことになります。