意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目標」の意味とは?「目標」と「目的」の違い・英語・対義語・類語

「目標」という言葉は、よく普段から耳にする機会も多いはずです。

お子さんからご年配の方まで幅広く「目標」という言葉は耳にするケースが多いですし、きちんと意味を理解した上で使い方など理解して活用するようにしましょう。

目標

Meaning-Book
「目標」の意味とは?「目標」と「目的」の違い・英語・対義語・類語>


目次

  • 「目標」の意味とは?
  • 「目標」の読み方
  • 「目標」の英語(解釈)
  • 「目標」を立てる理由
  • 「目標」の言葉の使い方
  • 「目標」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「目標」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「目標」の類語や類義表現
  • 「目標」と「目的」の違い


「目標」の意味とは?

「目標」の意味は、そこに行き着くよう、そこから外れないように目印とすることです。

実現・達成をめざす水準を決めることです。

よく年の始めに「今年の目標」として書き初めをするケースも多いです。

「目標」を決めることで、1年のスタートがスムーズな出だしになるなど、「目標」という言葉を上手に活用することで、文章表現が上手にできるようになります。



「目標」の読み方

「目標」の読み方は「もくひょう」です。

「目標」の英語(解釈)

目標 meaning in english

「目標」の英語解釈は、“sign”“objective”“target”“mark”“goal”です。

英語ではよく熟語として用い流事が多いので、熟語をマスターすると文章作成もスムーズにできます。

いくつか例文や解釈をご紹介するので参考にしてください。

  • 「目標」を使ったEnglishの例“goal”
  • 「目標」を使ったEnglishの例“target”

「目標」を使ったEnglishの例“goal”

“Let’s celebrate the sales goal achievement!”

売り上げ目標達成を祝いましょうという解釈になります。

売り上げ目標したことで、祝おうと仲間同士で話している様子が伝わります。

かなり売り上げ目標を超えたことにより、喜んでいる様子が伝わってくるのを実感できるはずです。

「目標」を使ったEnglishの例“target”

“I set myself the target of running 3km on every Sunday.”

毎週日曜日に3km走るという目標を設定しましたという解釈になります。

毎週日曜日に3km走るという目標を設定した様子がわかり、休みの日のノルマとして自分の中でも設定されている感じが伝わります。



「目標」を立てる理由

「目標」を立てる理由とは、日々の生活の中で特に何もなく、ただ日常を過ごしていると心身ともに緩みが出てきます。

やはり自分でクリアできるようなちょっとした「目標」を設定することで、それをクリアするために自分自身チャレンジしていきますし、努力を積み重ねていくことになります。

そうした中で結果も重要ですが、過程も重視すべき部分になり「目標」を立てることで大きく自分自身が成長することができます。

「目標」の言葉の使い方

ここでは、「目標」の言葉の使い方を理解することで、ご自身で文章を作成する時に上手に活用できるようになります。

「目標」を立てることを意識せずに文中に用いていた場合、やはりどことなく魅力が欠ける部分もでてきます。

きちんと意味を理解した上で「目標」を用いると読みやすくて魅力ある文章になるため、このような活用の仕方は重要です。

「目標」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「目標」を使った言葉・慣用句や熟語・関連をご紹介します。

  • 「目標達成」
  • 「目標を持つ」
  • 「目標達成シート」

「目標達成」

「売り上げは目標達成することができ、ホッとしました」

売り上げはゴール設定していたことをクリアすることができたので、ホッとしましたという様子を読み取ることができます。

売り上げを達成するために「目標」を決め、それをクリアしたことで業績もアップし、ご自身の成績もアップするので、やはりクリアしたことでホッとしている様子が伝わります。

「目標を持つ」

「目標を持つことでテニスの練習など日々、努力するようになります」

目的を決めることで、テニスの練習など日々、努力するようになりますという意味です。

「目標」を決めることで、自分でそれに向かって練習を積み重ねますし、努力することによりテニスが上達して強くなることができるので、やはり「目標」を決めることは大切だと読み取れます。

「目標達成シート」

「目標達成シートを作成して、受験勉強に励みます」

目的を達成するシートを作ったので、受験勉強に励みますという意味です。

「目標達成シート」は、自分が決めた「目標」に向けて事細かく記載されているシートのことを意味しています。

それを実行することで受験勉強に向けて日々努力することができ、しっかりと勉強を行うことができます。

「目標」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「目標」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介します。

  • 「目標」を使った例文1
  • 「目標」を使った例文2

「目標」を使った例文1

「目標があるからこそ、それに向かって努力することができる」

目的があるからこそ、それに向かって努力することができるという意味です。

自分で決めた「目標」をクリアするために、日々努力することができるので、やはり「目標」を決めることは重要だということがわかります。

「目標」を使った例文2

「今年の目標は、掃除をまめにすることです」

今年の目的は、掃除をまめにすることですという意味です。

掃除が苦手な方が、今年の「目標」として掃除をまめにすることを設定し、普段あまり掃除せず、散らかっている部屋をきれいにすることで、自分の部屋がスッキリする様子が伝わります。

「目標」の類語や類義表現

「目標」の類語や類義表現は、「ターゲット」「標的」ご紹介します。

  • 「ターゲット」
  • 「標的」

「ターゲット」

「ターゲットを決めたので、試合に向けて練習します」

目標を決めたことで、試合に向けて練習しますといった意味です。

「ターゲット」を決めたことにより、「目標」が定まったので、それに向けて日々練習して努力することができる様子がわかります。

「標的」

「標的が決まったので、全力を尽くして試合に望む」

目標が決まったので、全力を尽くして試合に望む様子が伝わります。

「目標」が決まったので、それをクリアできるように試合では全力を尽くす様子を読み取ることができます。

かなり集中している雰囲気であることを読み取れます。

「目標」と「目的」の違い

「目標」「目的」の違いについてご紹介します。

「目的」は最終的に的を絞ったことを成し遂げようとすることです。

「目標」は、さしあたり目指すものを決めて、成し遂げようとすること。

icon まとめ

「目標」は、よく活用する言葉なので、意味を理解した上での使い方をマスターするのは大切です。

例文や解釈・英文などご紹介したので参考にして、ご自身で上手に利用してください。