意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目標を掲げる」の意味・読み方【使い方や例文】

「目標を掲げる」の意味や解釈を紹介します。

さらに「目標を掲げる」の使い方や、「目標を掲げる」を使った例文を紹介して行きます。

目標を掲げる

Meaning-Book
「目標を掲げる」の意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「目標を掲げる」の意味とは?
  • 「目標を掲げる」を分解して解釈
  • 「目標を掲げる」の言葉の使い方
  • 「目標を掲げる」を使った例文
  • 「目標を掲げる」具体的な方法


「目標を掲げる」の意味とは?

「目標を掲げる」という言葉を知っているでしょうか。

受験勉強を頑張った経験がある人や、スポーツで全国大会を目指した経験がある人などは、「目標を掲げる」大切さを知っていると思います。

また、予備校などに通った経験がある人は、講師から「目標を掲げる」必要性を説かれた事があるかもしれません。

一方で「目標を掲げる」という言葉や、「目標」にまともに接した事がない人もいるでしょう。

そこで「目標を掲げる」の読み方と意味を紹介します。

  • 「目標を掲げる」の読み方
  • 「目標を掲げる」の意味

「目標を掲げる」の読み方

「目標を掲げる」「もくひょうをかかげる」と読みます。

「目標」「もくひょう」「掲げる」「かかげる」と読みます。

特に「掲げる」という漢字が少し難しいので、読み間違えないように気を付けましょう。

「目標を掲げる」の意味

「目標を掲げる」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

この言葉には、「目標を一目に付くように持ち上げる」とか「目標を公言する」「達成したい目安を目立つように見せる」などの意味があります。

まず「目標」を立てて、さらに周囲の人や自分の目に付くような状況にする事を、「目標を掲げる」と言います。

政治家が国としての達成水準を発表したり、個人の目標を紙に書いて壁に貼るような行動を取りますが、そのような行動を「目標を掲げる」と言います。



「目標を掲げる」を分解して解釈

「目標を掲げる」という言葉を、分解して解釈して行きます。

「目標を掲げる」は、「目標」「掲げる」という言葉に分ける事ができます。

それぞれの意味を知る事で、「目標を掲げる」という言葉の意味をより深く知る事ができるでしょう。

  • 「目標」
  • 「掲げる」

「目標」

「目標」には、「目印」という意味があります。

例えば「目標に向かって銃を撃つ」と言う場合は、目印や的などに向かって銃口を構えるという意味があります。

「目標」は、銃や砲撃の目印としてだけでなく、「ある物事を成し遂げるため、またはある地点に移動するための目印」という意味もあります。

「人生の目標」という場合は、「自分が将来的になりたい地点に迷わずに行くための目印」又は「水準や目当て」という意味になります。

「掲げる」

「掲げる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「掲げる」には、「人目につくように高く上げる」という意味があります。

例えばオリンピックの行進の時に、旗手が日本国旗を高く上げて歩くシーンが放送されますが、あのような状態を「旗を掲げる」と言います。

また空港で現地のコーディネーターさんが、名前を持ったカードを高く持ち上げて、目立つようにして待っている事がありますが、あのような行動も「カードを掲げる」と表現する事ができます。

「目標を掲げる」の言葉の使い方

「目標を掲げる」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

ビジネスシーンでは、従業員が会議などの席で、今期の目標を発表する事を強いられる事があります。

このような時に、部署としての目標や、個人としての「目標を掲げる」事になります。

また受験を控えた学生が、個人面談や三者面談で、入りたい大学や進路を宣言する事があります。

このような行為も「目標を掲げる」と呼ぶ事ができます。

さらに年末年始などに、来年の目標を紙に書き、壁に貼って気合を入れるような儀式をする人がいるかもしれません。

このような行為は、まさに「目標を掲げる」という言葉通りの行為です。

自分や誰かに目標を発表する時に、「目標を掲げる」という言葉を使ってみましょう。

「目標を掲げる」を使った例文

「目標を掲げる」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

様々な場面における「目標を掲げる」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツが見えてくるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「目標を掲げる」を使った例文を紹介します。

「入社式の後のオリエンテーションで、『目標を掲げる』という課題があった。将来の自分の姿を思い描き、ノートに書いて提出した」

入社したばかりの新入社員は、「目標を掲げる」という課題を課される事があります。

紙に書き提出するという行為を通じて、「目標を掲げる」大切さを知る事ができます。

例文2

日常的な場面における「目標を掲げる」を使った例文を紹介します。

「お正月に、書き初めをして、今年の『目標を掲げて』みた」

書き初めは、「目標を掲げる」と言う行為を、お正月の儀式にしたものです。

もし時間に余裕がありましたら、書き初めをして「目標を掲げて」みてはいかがでしょうか。

「目標を掲げる」具体的な方法

最後に「目標を掲げる」具体的な方法を紹介します。

年末や年度末などに、自分の将来を豊かにするような「目標を掲げる」ための方法を紹介していきます。

  • 「最終的なゴールを決める」
  • 「期日を決める」
  • 「逆算して小さな目標を立てる」
  • 「紙に書く」

「最終的なゴールを決める」

「目標を掲げる」ためには、「最終的なゴール」を決める必要があります。

人生を終える時に、どのような事を達成したいかを考えてみるといいでしょう。

億万長者になりたいとか、有名人になりたいなど、自由に想像しながら最終的なゴールをイメージしましょう。

ゴールは具体的なほど良いので、詳細まで思いを巡らせてみましょう。

「期日を決める」

最終的なゴールが決まったら、そのゴールを達成する「期日を決める」事が大切です。

例えば、60歳の誕生日、30歳の誕生日など、具体的な期日を決めましょう。

「逆算して小さな目標を立てる」

最終的なゴールと期日が決まったら、そこから逆算して小さな目標を立てます。

10年後にゴールを達成するためには、9年後、5年後、1年後、半年後、一か月後にはどうなっていなくてはいけないかを想像し、1か月ごとに小さな達成目標を立てましょう。

「紙に書く」

「目標を掲げる」ためには、心の中だけでなく、自分や周囲の人に知らせる必要があります。

紙に書いて壁に貼ったり、家族や親しい人に目標を宣言してみましょう。

icon まとめ

「目標を掲げる」という言葉の意味や使い方を見てきました。

目標があった方が、生活に張りが出て、毎日が楽しくなるかもしれません。

節目の時期に「目標を掲げて」みてはいかがでしょうか。