意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「漲らせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「漲らせる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「漲らせる」という言葉を使った例文や、「漲らせる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「漲らせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「漲らせる」とは?意味
  • 「漲らせる」の表現の使い方
  • 「漲らせる」を使った例文や短文など
  • 「漲らせる」の類語や類義語・言い換え


「漲らせる」とは?意味

「漲らせる」には、「力や感情などが溢れるほどに一杯な様子」という意味があります。

また「水が満ちてあふれるほど勢いがある様子」を意味します。

  • 「漲らせる」の読み方

「漲らせる」の読み方

「漲らせる」の読み方は、「みなぎらせる」になります。



「漲らせる」の表現の使い方

「漲らせる」の表現の使い方を紹介します。

「漲らせる」には、「力や感情などが溢れるほどに一杯な様子」という意味があります。

例えば、若い人が成功を積み重ねている時、あふれるほどの自信を感じさせることがあります。

このような人の様子は、「自信を漲らせる、若き成功者」などと、「漲らせる」という言葉を使って表現できます。

また「漲らせる」「水が満ちてあふれるほど勢いがある様子」を意味します。

河川などに水が満ちて溢れるほどだと感じた時、「漲らせる」という言葉を使ってみましょう。

「漲らせる」を使った例文や短文など

「漲らせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「漲らせる」を使った例文1
  • 「漲らせる」を使った例文2

「漲らせる」を使った例文1

「休養十分な人が、体に力を『漲らせて』出社する」

この例文は長期休暇などを使って、十分に休養を取った人が、体に力をあふれるばかりにした状態で会社に行くという文章になります。

このように「漲らせる」には、「力や感情などが、あふれるばかりに一杯な様子」という意味があります。

「漲らせる」を使った例文2

「大雨のためか、川は水を『漲らせている』」

この例文は、大雨が降ったことが原因で、川に水が満ちて、あふれるほど勢いが盛んになっている様子を文章にしたものです。

このように「漲らせる」は、「水が満ちてあふれるほど勢いがある様子」を意味します。

このような状態の川には近づかないよう、気を付けたいものです。



「漲らせる」の類語や類義語・言い換え

「漲らせる」の類語や類似を紹介します。

  • 「溢れる」【あふれる】
  • 「一杯になる」【いっぱいになる】

「溢れる」【あふれる】

「溢れる」「物体や感情が器や枠内に収まらずに溢れること」を意味します。

「涙が溢れる」などという使い方をします。

「一杯になる」【いっぱいになる】

「一杯になる」には「容器や枠内に物が溢れんばかりに満ちる様子」という意味があります。

「ライブ会場が人で一杯になる」という文章は、「ライブ会場が、人で溢れんばかりに満ちている」という意味になります。

icon まとめ

「漲らせる」という言葉について見てきました。

力や感情などが、あふれるばかりに一杯な様子を見た時、また水が満ちてあふれるほど勢いが盛んになる様子を見た時、「漲らせる」という言葉を使ってみましょう。