意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面目を施す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「面目を施す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面目を施す」という言葉を使った例文や、「面目を施す」の類語を紹介して行きます。

面目を施す

Meaning-Book
「面目を施す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「面目を施す」とは?意味
  • 「面目を施す」の表現の使い方
  • 「面目を施す」を使った例文や短文など
  • 「面目を施す」の類語や類義語・言い換え


「面目を施す」とは?意味

「面目を施す」には、「評判を高める」「世間体や名誉を保つ」という意味があります。

  • 「面目を施す」の読み方

「面目を施す」の読み方

「面目を施す」の読み方は、「めんぼくをほどこす」になります。



「面目を施す」の表現の使い方

「面目を施す」の表現の使い方を紹介します。

「面目を施す」は、「評判を高める」「世間体や名誉を保つ」ことを意味します。

そこで、誰かの評価を高めたり、体面や名誉を保つ様子を見た時に、「面目を施す」という言葉を使ってみましょう。

例えば、最近、契約を取れていなかった営業マンが、久しぶりに大きな契約を取った時、その人の評判が高まったり、それまで築いた体面や名誉が保たれるかもしれません。

このような様子を、「大口の契約を取り、彼の面目を施すことになった」などと、「面目を施す」という言葉を使ってみましょう。

「面目を施す」を使った例文や短文など

「面目を施す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「面目を施す」を使った例文1
  • 「面目を施す」を使った例文2

「面目を施す」を使った例文1

「大切な試合を完封して、エースの『面目を施した』」

この例文は野球の投手が、大切な試合で相手打線を0点に抑えて、エース投手としての多面を保ったという文章になります。

このように「面目を施す」には、「評判を高める」「世間体や名誉を保つ」という意味があります。

それまで調子が悪かったとしても、このように大切な試合で活躍すれば、「面目を施す」ことができるかもしれません。

「面目を施す」を使った例文2

「会社でいちばん綺麗な女性と付き合い、モテ男の『面目を施す』」

この例文は、あるモテ男についての文章になります。

この男性は会社でいちばん綺麗な女性と付き合うことにより、モテる男性としても名誉を保ったという意味になります。



「面目を施す」の類語や類義語・言い換え

「面目を施す」の類語や類似を紹介します。

  • 「面子を保つ」【めんつをたもつ】
  • 「体面を保つ」【たいめんをたもつ】

「面子を保つ」【めんつをたもつ】

「面子を保つ」には「周囲の期待通りの成果を残し、評判を保つこと」という意味があります。

「仕事で結果を残し、面子を保つ」などという使い方をします。

「体面を保つ」【たいめんをたもつ】

「体面を保つ」「世間からの評判を維持すること」を意味します。

「成績トップになり、体面を保つ」という文章には、「テストなどで成績トップになり、クラスメートからの評価を維持した」という意味があります。

「体面を保つことに必死だ」などという使い方をします。

icon まとめ

「面目を施す」という言葉について見てきました。

評価を高める時、また体面や名誉を保つ時に、「面目を施す」という言葉を使ってみましょう。