意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面目に関わる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「面目に関わる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面目に関わる」という言葉を使った例文や、「面目に関わる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「面目に関わる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「面目に関わる」とは?
  • 「面目に関わる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「面目に関わる」を使った例文や短文など

「面目に関わる」とは?

みなさんは「面目に関わる」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンなどで「ここで活躍しなければ、面目に関わる」などと思ったことがあるかもしれません。

一方で、「面目に関わる」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「面目に関わる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「面目に関わる」の読み方
  • 「面目に関わる」の意味

「面目に関わる」の読み方

「面目に関わる」「めんぼくにかかわる」と読みます。

「面目」「めんぼく」と読み、「関わる」「かかわる」と読みます。

これを機会に、「面目に関わる」「めんぼくにかかわる」と読みましょう。

「面目に関わる」の意味

「面目に関わる」という言葉の意味を紹介します。

「面目に関わる」には、「面目に関わる、危機に関わる問題」という意味があります。

「このままでは、面目を失ってしまう」と危機感を持った時、「面目に関わる」という言葉を使います。

「面目」には、「世間に合わせる顔」という意味があります。

例えばビジネスシーンで、まるで活躍できずに仕事を終えてしまうと、仕事仲間に合わせる顔がなくなってしまうかもしれません。

例えば会議で一言も有益な意見を言えない場合、「面目を失う」かもしれず、会議の途中で、「面目に関わる」と感じるでしょう。

自分の世間体が悪くなりそうなピンチになった時、「面目に関わる」という言葉を使ってみましょう。

「面目に関わる」の類語や類似表現や似た言葉

次に「面目に関わる」の類語や類似表現を紹介します。

「面目に関わる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「面映い」【おもばゆい】
  • 「汗顔」【かんがん】

「面映い」【おもばゆい】

「おもばゆい」には、「きまりが悪くて、顔がほてるように恥ずかしい」「照れくさい」という意味があります。

例えば、ズボンのチャックが締まっていないことに気付かず、街中を歩いていたことに気付いた時、きまりが悪く、恥ずかしいため、「おもばゆい」という言葉を使います。

「チャックを締めずに街を歩き、おもばゆい」となります。

「汗顔」【かんがん】

「汗顔」には、「顔や体に汗をかくほど恥ずかしい」という意味があります。

ビジネスシーンなどでは、恥ずかしいことをしてしまった時に、「汗顔の至りです」という言い回しを使うことがあります。

「これ以上なく恥ずかしい」という意味があり、「失敗を繰り返してしまい、汗顔の至りです」などという使い方をします。

「面目に関わる」を使った例文や短文など

続いて「面目に関わる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「面目に関わる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「面目に関わる」を使った例文1
  • 「面目に関わる」を使った例文2

「面目に関わる」を使った例文1

「笑いを起こせないまま、ステージを降りたら、漫才師の『面目に関わる』」

この例文は、漫才師の気概を言葉にしたものです。

もしステージに立ったら、お客さんを笑わせるのが漫才師の役目のため、笑いを起こせない時は、人に合わせる顔が無くなるような恥ずかしい気持ちになるでしょう。

「面目に関わる」を使った例文2

「接待された人が楽しめずに帰ったら、営業マンの『面目に関わる』」

この例文のように感じている営業マンもいるでしょう。

接待をするなら、絶対に相手を喜ばせて家路についてもらいたいと思うのは、営業マンのプロ意識になります。

それができない場合は、営業マンとしての面目を失うピンチだと感じられるかもしれません。

icon まとめ

「面目に関わる」という言葉について見てきました。

このままでは世間に合わせる顔が無くなると危機感を持った時などに、「面目に関わる」という言葉を使ってみましょう。