意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インターンシップ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「インターンシップ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「インターンシップ」という言葉を使った例文や、「インターンシップ」の類語を紹介して行きます。

インターンシップ

Meaning-Book
「インターンシップ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「インターンシップ」とは?意味
  • 「インターンシップ」の表現の使い方
  • 「インターンシップ」を使った例文や短文など
  • 「インターンシップ」の類語や類義語・言い換え


「インターンシップ」とは?意味

「インターンシップ」には、「学生が企業等において、実習や研修的な就業体験をする制度」という意味があります。



「インターンシップ」の表現の使い方

「インターンシップ」の表現の使い方を紹介します。

「インターンシップ」には、「学生が企業等において、実習や研修的な就業体験をする制度」という意味があります。

そのため、就活を控えた学生が、企業に行って、様々な就業体験をする様子に対して、「インターンシップ」という言葉を使ってみましょう。

例えば、どの分野の企業に入社すべきか、まだよくわからない学生がいます。

この学生は、就業体験を通じて、自分に適した業界を見つけたいと思うかもしれません。

この時、「インターンシップを通じて、自分に適した業界を見つけたい」と、学生の気持ちを「インターンシップ」という言葉を使って説明できます。

「インターンシップ」を使った例文や短文など

「インターンシップ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「インターンシップ」を使った例文1
  • 「インターンシップ」を使った例文2

「インターンシップ」を使った例文1

「『インターンシップ』の経験を通じて、この会社に入りたいと思った」

この例文は、学生が企業で就業体験をしたことにより、その会社に入りたいと思ったという文章になります。

実際に職場に行って様々な社員と会い、働いて見ることで、自分がどのような道に進みたいかが分かるはずです。

この例文のケースは、「インターンシップ」を通じて、その会社に自分は適していると感じられた幸せなケースではないでしょうか。

「インターンシップ」を使った例文2

「『インターンシップ』中に、恋人ができた」

この例文は、企業での就業体験中に、彼女や彼氏ができたという意味になります。

「インターンシップ」中の学生同士は、ある種の戦友のような関係になるため、絆が深まるでしょう。

また年齢も近く、似たような大学に通っていることが考えられるため、付きあいやすい相手だと言えるかもしれません。



「インターンシップ」の類語や類義語・言い換え

「インターンシップ」の類語や類似を紹介します。

  • 「体験」【たいけん】
  • 「お試し」【おためし】

「体験」【たいけん】

「体験」には、「自分で実際に経験すること」という意味があります。

また「そのような経験」「体験」と言います。

「貴重な経験ができた」「体験しなければ分からない」などと「体験」という言葉を使ってみましょう。

「お試し」【おためし】

「お試し」には「試してみること」という意味があります。

「お試し期間」には、「商品などを試してみる期間」という意味があります。

「バイトのお試し期間は2週間」「お試しで、付き合ってみる」などという使い方をします。

icon まとめ

「インターンシップ」という言葉について見てきました。

学生が、企業に赴いて、実習や研修的な就業体験をする制度について話す時、「インターンシップ」という言葉を使ってみましょう。