意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お試し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「お試し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「お試し」という言葉を使った例文や、「お試し」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「お試し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「お試し」とは?意味
  • 「お試し」の表現の使い方
  • 「お試し」を使った例文や短文など
  • 「お試し」の類語や類義語・言い換え


「お試し」とは?意味

「お試し」には、「何かを試しにしてみること」という意味があります。

  • 「お試し」の読み方

「お試し」の読み方

「お試し」の読み方は、「おためし」になります。



「お試し」の表現の使い方

「お試し」の表現の使い方を紹介します。

「お試し」には、「何かを試しにしてみること」という意味があります。

実際に試す事で、物事の良し悪し、真偽、能力の程度などを知れるためです。

そこで、何かを試している様子を、「お試し」を使って表現してみましょう。

例えば、本格的にバイトのシフトに入る前に、一定期間、試しに働いてみて、続けるかどうか判断することがあります。

このような時、「バイトのお試し期間を経て、続けるかどうか決める」などと「お試し」を使って表現できます。

「お試し」を使った例文や短文など

「お試し」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「お試し」を使った例文1
  • 「お試し」を使った例文2

「お試し」を使った例文1

「青汁を飲んでみたいと思い、まずは『お試し』セットを買う」

この例文は、青汁を飲みたいと思った人についての文章になります。

このような商品は、少し試して本格的に買うかどうか決めたい人のために、「お試しセット」が販売されています。

少量の青汁を、安価に購入し、試せます。

このように、実際に試してみて、良し悪しを確かめるための商品を「お試しセット」と言います。

「お試し」を使った例文2

「入社して3か月ほどたったころ、もう『お試し』期間は終わったぞと部長が言う」

この例文は新入社員が3か月ほど勤務したころ、部長が、試用期間は終わったと話している場面になります。

この会社でやって行けるかどうか見極める時期や、会社が新入社員の適性を見るような時期が終わり、これから本格的に働かねばならない時期だと、部長は告げたことになります。

このように入社早々、手探りな時期は、「お試し期間」などと言われることがあります。



「お試し」の類語や類義語・言い換え

「お試し」の類語や類似を紹介します。

  • 「小手調べ」【こてしらべ】
  • 「トライアル」【とらいある】

「小手調べ」【こてしらべ】

「小手調べ」には、「物事を本格的に始める前に、ちょっと試してみること」という意味があります。

「まずは小手調べに、簡単な仕事をしてもらう」などという使い方をします。

「トライアル」【とらいある】

「トライアル」には「試しにやってみること」という意味があります。

「トライアルアンドエラー」という言葉には「試行錯誤」という意味があります。

「タイムトライアル」「トライアルレース」などという使い方をします。

icon まとめ

「お試し」という言葉について見てきました。

何かを試してみる時、「お試し」という言葉を使ってみましょう。