意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「窺う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「窺う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「窺う」という言葉を使った例文や、「窺う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「窺う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「窺う」とは?意味
  • 「窺う」の表現の使い方
  • 「窺う」を使った例文や短文など
  • 「窺う」の類語や類義語・言い換え


「窺う」とは?意味

「窺う」には、「隙間などから、ひそかに覗いてみる」という意味があります。

また「密かに様子を探り調べる」という意味があります。

さらに「様子を見て、好機の訪れるのを待ち受ける」という意味があります。

  • 「窺う」の読み方

「窺う」の読み方

「窺う」の読み方は、「うかがう」になります。



「窺う」の表現の使い方

「窺う」の表現の使い方を紹介します。

「窺う」には、「隙間などから、ひそかに覗いてみる」という意味があります。

例えば、部屋に誰かいるのか、外からひそかに覗いたことがあるかもしれません。

そのような様子を、「部屋の様子を窺う」などと「窺う」を使って表現します。

また「窺う」には、「密かに様子を探り調べる」という意味があります。

例えば、ライバル企業の動向を、密かに探っている時、「ライバル企業の動向を窺う」などと言います。

さらに「窺う」には、「様子を見て、好機の訪れるのを待ち受ける」という意味があります。

このような時、「好機を窺う」などと、「窺う」という言葉を使ってみましょう。

「窺う」を使った例文や短文など

「窺う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「窺う」を使った例文1
  • 「窺う」を使った例文2

「窺う」を使った例文1

「家の中に誰かいないかと、鍵穴から中の様子を『窺う』泥棒」

この例文は、泥棒が、家の中に誰かいないかと思い、鍵穴から部屋の中の様子を覗き込んでいる場面になります。

このように「隙間などから、ひそかに覗いてみる」ことを、「窺う」と言います。

「窺う」を使った例文2

「忍者が敵の城に侵入し、城内の様子を『窺う』」

この例文は江戸時代などに、忍者が敵の城にこっそりと入り、城内の様子をひそかに調べているという文章になります。

このように「ひそかに、様子を探り調べること」「窺う」と言います。

味方に有利な情報を持ち帰れるかもしれません。



「窺う」の類語や類義語・言い換え

「窺う」の類語や類似を紹介します。

  • 「覗く」【のぞく】
  • 「察する」【さっする】

「覗く」【のぞく】

「覗く」には、「物陰や隙間、小さな穴などから見る」という意味があります。

「鍵穴から覗く」などという使い方をします。

「察する」【さっする】

「察する」には、「物事の事情などを推しはかって、それと知る」という意味があります。

「事情を察する」「気配を察する」などという使い方をします。

icon まとめ

「窺う」という言葉について見てきました。

隙間などから、ひそかに覗いてみる様子に対して、また密かに様子を探り調べることに対して、さらに様子を見て、好機の訪れるのを待ち受ける人を見た時、「窺う」という言葉を使ってみましょう。