意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意気込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「意気込み」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「意気込み」という言葉を使った例文や、「意気込み」の類語を紹介して行きます。

意気込み

Meaning-Book
「意気込み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「意気込み」とは?意味
  • 「意気込み」の表現の使い方
  • 「意気込み」を使った例文や短文など
  • 「意気込み」の類語や類義語・言い換え


「意気込み」とは?意味

「意気込み」には、「さあやろうと勢い込んだ気持ち」という意味があります。

また「積極的に何かをしようとする気持ち」という意味があります。

  • 「意気込み」の読み方

「意気込み」の読み方

「意気込み」の読み方は、「いきごみ」になります。



「意気込み」の表現の使い方

「意気込み」の表現の使い方を紹介します。

「意気込み」には、「さあやろうと勢い込んだ気持ち」「積極的に何かをしようとする気持ち」という意味があります。

このような気持ちを持った人に対して、「意気込み」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事を始める時間になり、さあやろうと、同僚に声を掛けているタイプの人がいます。

このような人は「仕事に対する意気込みを感じる」「意気込みながら仕事を始める」などと「意気込み」という言葉を使って、様子を表現できます。

このように、何かを積極的に、行き込んだ気持ちを持ってする人を見た時、「意気込み」という言葉を使ってみましょう。

「意気込み」を使った例文や短文など

「意気込み」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「意気込み」を使った例文1
  • 「意気込み」を使った例文2

「意気込み」を使った例文1

「仕事を続けているうちに、当初持っていた『意気込み』が消える」

この例文は、仕事を始めた当初は、積極的に仕事をしようという気持ちがあったのに、仕事を進めている間に、消えてしまったという文章になります。

このように「意気込み」には、「積極的に何かをしようとする気持ち」という意味があります。

どのような人も「意気込み」を持ち続けるのは、容易でないかもしれません。

「意気込み」を使った例文2

「40歳を過ぎたが、今年こそ結婚したいという『意気込み』を持てない」

この例文は、独身生活が長くなっているのに、まだ結婚したいという積極的な思いを持てない人についての文章になります。

「意気込み」には「積極的に何かをしようとする気持ち」という意味があり、この人は、積極的に結婚したいと思えないようです。

人によって結婚にふさわしい時期は違うため、無理に「意気込み」を持とうしなくてもいいのかもしれません。



「意気込み」の類語や類義語・言い換え

「意気込み」の類語や類似を紹介します。

  • 「気合い」【きあい】
  • 「やる気」【やるき】

「気合い」【きあい】

「気合い」には、「精神を集中させて、ことに当たる時の勢い」という意味があります。

「気合で乗り越える」「気合を込める」などという使い方をします。

「やる気」【やるき】

「やる気」には「何かをやってやろうと意気込む気持ち」という意味があります。

例えば「仕事をやってやろうと、意気込む気持ち」「仕事に対するやる気を持っている」などと「やる気」を使って表現できます。

icon まとめ

「意気込み」という言葉について見てきました。

誰かの、さあやろうと勢い込んだ気持ちや、積極的に何かをしようとする気持ちを感じた時、「意気込み」という言葉を使ってみましょう。