意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無駄遣い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無駄遣い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無駄遣い」という言葉を使った例文や、「無駄遣い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「無駄遣い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無駄遣い」とは?意味
  • 「無駄遣い」の表現の使い方
  • 「無駄遣い」を使った例文や短文など
  • 「無駄遣い」の類語や類義語・言い換え


「無駄遣い」とは?意味

「無駄遣い」には、「お金や物、時間などを、必要のないことや成果物を生み出さないことに使うこと」という意味があります。

  • 「無駄遣い」の読み方

「無駄遣い」の読み方

「無駄遣い」の読み方は、「むだづかい」になります。



「無駄遣い」の表現の使い方

「無駄遣い」の表現の使い方を紹介します。

「無駄遣い」には、「金銭などを、必要のないことや役に立たないことに使うこと」という意味があります。

そのためお金などを役に立たないことに使ったと感じた時に、「無駄遣い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、お腹が空いたタイミングでスーパーに行き、食べもしない食材を購入する行為は、必要のない物に、お金を使ったと言えます。

そのため、「スーパーで空腹の余り、無駄遣いした」などと「無駄遣い」を使った文章を作れます。

このように、必要ない物にお金を使った時などに、「無駄遣い」という言葉を使ってみましょう。

「無駄遣い」を使った例文や短文など

「無駄遣い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「無駄遣い」を使った例文1
  • 「無駄遣い」を使った例文2

「無駄遣い」を使った例文1

「お小遣いを『無駄遣い』するなと言われたのに、全部駄菓子に消えてしまった」

この例文は子供が親から、お小遣いを必要のないことや役に立たないことに使うなと言ったのに、全部、駄菓子に使ってしまったという文章になります。

もちろん駄菓子を買うこと自体が「無駄遣い」とは言えませんが、他の物に使えるよう、少しはお小遣いを残せばよかったかもしれません。

「無駄遣い」を使った例文2

「一日中走り回ったが、何も収穫がないため、体力の『無駄遣い』になったと感じる」

この例文は、営業マンが一日中契約を取るために走り回ったのに、一つも契約を取れなかったのかもしれません。

また刑事が事件解決のために街を歩き回ったのに、何も手掛かりを得られなかったのかもしれません。

このように体力を役に立たないことに使ったと感じた時、「体力の無駄遣い」と言います。

このように「無駄遣い」という言葉はお金以外にも使えます。



「無駄遣い」の類語や類義語・言い換え

「無駄遣い」の類語や類似を紹介します。

  • 「浪費」【ろうひ】
  • 「空費」【くうひ】

「浪費」【ろうひ】

「浪費」には、「お金や物、時間などを無駄使いすること」という意味があります。

「時間を浪費する」「資源を浪費する」などという使い方をします。

「空費」【くうひ】

「空費」には、「時間や労力などを無駄使いすること」という意味があります。

「くだらない会議で、時間を空費する」という文章には、「くだらない内容の会議で、大切な時間を無駄にした」という意味があります。

icon まとめ

「無駄遣い」という言葉について見てきました。

金銭などを、必要のないことや役に立たないことに使う様子を見た時、「無駄遣い」という言葉を使ってみましょう。