意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「収入源」とは?意味や使い方!例文や解釈

「収入源」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「収入源」という言葉の理解を深めていきましょう。

収入源

Meaning-Book
「収入源」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「収入源」とは?
  • 「収入源」の表現の使い方
  • 「収入源」を使った言葉と意味を解釈
  • 「収入源」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「収入源」の反対語
  • 「収入源」の類語や類義語・言い換え
  • 「収入源」の英語と解釈


「収入源」とは?

「収入源」とは収入を得る元のことで、例えば、稼ぐ手段、収入を得ている仕事のことなどを言います。

  • 「収入源」の読み方

「収入源」の読み方

「収入源」と書いて「しゅうにゅうげん」と読みます。



「収入源」の表現の使い方

「収入源」とは、収入を得る元のことであり、手段や職業のことを言います。

使い方としては例えば「彼の収入源って何なの」という質問に対して「親からもらった不動産で家賃収入を得ているんだよ」という答えになります。

他には「彼女には3つの収入源がある」「収入源は複数確保しておく方がいい」「あの人は働いている様子がないけれど、収入源は何なのだろう」という風になります。

「収入源」を使った言葉と意味を解釈

「収入源」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「主な収入源は何ですか」
  • 「収入源を複数持っています」
  • 「収入源を断たれる」

「主な収入源は何ですか」

「主な収入源は何ですか」とは、主な仕事、主な稼ぐ方法は何であるかという質問で使われる言葉です。

例えばかつて活躍していて、今活動していない芸能人、有名人などがどのような手段で収入を得ているのかという時などこのようなセリフが出てくるでしょう。

また普段働いている様子が見えない人などにも純粋な疑問として使うこともあります。

「あなたの主な収入源は何ですか」「今の収入源は何ですか」などと使います。

「収入源を複数持っています」

「収入源を複数持っています」とは、仕事や稼ぐ手段が自分には複数あるという時に使う言葉です。

例えば本業の他に、副業を一つ持っていたとすれば「収入源」は二つということになります。

「私は不安定な仕事をしていますが、収入源を複数持っていますので安心です」「すでに収入源を複数持っていますが、今後さらに増やしていくつもりです」などと使います。

「収入源を断たれる」

「収入源を断たれる」とは、稼ぎを得る為の手段、仕事などを行うことができないようにされることを言います。

「ライバルが激増して、私の収入源を断たれる恐れが出てきた」「嫌がらせにより、大事な収入源を断たれる」などと使います。



「収入源」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「収入源」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「収入源」を使った例文1
  • 「収入源」を使った例文2

「収入源」を使った例文1

「うちは妻の給料が主な収入源なので、家事と育児は僕がやっていますよ」

「主な収入源」とは、一番金額的に大きい仕事、稼ぎを得る手段のことを言います。

「収入源」を使った例文2

「収入源を増やそうと思い、副業を探しているところだ」

「収入源」とは仕事、稼ぎ口のことを言います。

それを増やすということは、副業をするという方法が一般的です。

「収入源」の反対語

「収入源」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「支出先」【ししゅつさき】
  • 「使い道」【つかいみち】

「支出先」【ししゅつさき】

「支出先」とはある目的の為にお金、物品などを支払う先のことを言います。

「支出先で主なものは、実家の母への仕送りです」「ここに支出先を記入してください」という風に使います。

「使い道」【つかいみち】

「使い道」とは使う方面、役立て方という意味で使います。

「金の使い道は何だ」「増えすぎると、使い道に困る」などと使います。

「収入源」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「収入源」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「資金源」【しきんげん】
  • 「稼ぎ口」【かせぎぐち】
  • 「供給源」【きょうきゅうげん】
  • 「仕事」【しごと】
  • 「飯の種」【めしのたね】

「資金源」【しきんげん】

「資金源」とは必要な費用などの元のことを言います。

お金が出てくる所でもあります。

「活動の資金源は寄付で何とかしている」「彼女の資金源は親だよ、甘やかしすぎ」という風に使います。

「稼ぎ口」【かせぎぐち】

「稼ぎ口」とは働いて収入を得る元、仕事のことを言います。

「いい稼ぎ口が見つかった」「この不景気に、そうそう都合良く稼ぎ口は見つからない」という風に使います。

「供給源」【きょうきゅうげん】

「供給源」とは必要に応じて与える出所のことを言います。

「実家の親が彼の供給源となっているから、働かずに一人暮らしできている」 「供給源がストップした」などと使います。

「仕事」【しごと】

「仕事」とはお金を得る為に、従事する務め、職業のことを言います。

「仕事をしてお金を稼ぎたい」「この仕事で儲けた」「仕事があるので生活ができる」などと使います。

「飯の種」【めしのたね】

「飯の種」とは、生計を立てるための手段のことを言います。

つまり食べていく為の仕事という意味です。

「絵を描くことは私の飯の種だからね」「この仕事を飯の種にするのは難しいと思うよ、趣味程度に留めておいた方がいい」「今日も飯の種を探すべく、情報収集をしていた」「あいつの飯の種って何なの」などと使います。

「収入源」の英語と解釈

「収入源」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a source of revenue”“a revenue producer”という風に言い表します。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「収入源」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。