意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使い道」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「使い道」は、とても簡単な意味の言葉で、色々な対象に用いることができます。

Meaning-Book
「使い道」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「使い道」とは?
  • 「使い道」の表現の使い方
  • 「使い道」を使った例文と意味を解釈
  • 「使い道」の類語や類義語


「使い道」とは?

「使い道」とは、「使う先」のことです。

「使い道がない」とすると、「使う先がない」と同じ意味になり、何にも使うことができないことの表現になります。

大抵の物は最初からこれが決まっていますが、中には知らないとそれが分からなかったり、間違った使い方をしてしまうこともあるので注意が必要です。

  • 「使い道」の読み方

「使い道」の読み方

「使い道」の読み方は、「つかいみち」になります。

「使い方」とはまた別の言葉で、「どのように使うのか」という意味だと解釈すると分かりやすいでしょう。

1つで2つ以上のこれがある物も少なくなく、例えば、スマホは電話はもちろんメールやネット、更にはカメラの代わりにもなるといったように色々な「使い道」があります。



「使い道」の表現の使い方

「使い道」の表現の使い方を紹介します。

この言葉は、先のように「使う先」という単一の意味でしか使わない為、これといった難しい説明はありません。

この「道」は英語では“way”となりますが、その英語でも同じような使い方ができる言葉で、「それの使い道が分からない」は、英語では“I don't know a way to use it.”となります。

「使い道」を使った例文と意味を解釈

「使い道」を使った例文と、その意味の解釈です。

意味は1つだけの言葉なので、例文の解釈も簡単です。

  • 「使い道」を使った例文1
  • 「使い道」を使った例文2

「使い道」を使った例文1

「そんな物を貰っても使い道に困る」

何にも使いようがない物だだと言っている例です。

そのような物は、場合によってはゴミになってしまうだけなので、本心から不要だということも多いでしょう。

「使い道」を使った例文2

「微妙な表情で、使い道が難しいスタンプだ」

最近では文字で行う会話の中にスタンプが用いられることも多いです。

喜ぶ表情や悲しい表情などの色々なそれらを使うことで、発言内容が強調できたり、スタンプだけの送信も可能です。

この使い方では、微妙としか言えない表情のそれの為、どこで使えばいいのか分からないと言っていると解釈してください。



「使い道」の類語や類義語

「使い道」の類語や類義語を紹介します。

こちらに言い換えても意味は一緒です。

  • 「用途」【ようと】

「用途」【ようと】

そのまま「使い道」という意味で使われる言葉です。

よって、「その部品の使い道は~」と使っている例は、「その部品の用途は~」と言い換えられます。

ですが、言い換えに工夫が必要な場合もあり、「使い道が難しい」といった使い方を「用途」で言い換える時には、少し捻って「用途に困る」という形にする必要があります。

その為、無理にこちらで言い換えることはありません。

icon まとめ

このように、「使い道」は特に難しい意味がある訳ではなく、1つの使い方しかしない言葉の為、解釈に困ることはないでしょう。