意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「資金源」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「資金源」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「資金源」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

資金源

Meaning-Book
「資金源」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「資金源」とは?
  • 「資金源」の表現の使い方
  • 「資金源」を使った例文と意味を解釈
  • 「資金源」の類語や類義語


「資金源」とは?

「資金源」というのは「資金を提供する元となるものや場所」のことを指しています。

収入源などと言われることもあり、会費や寄付、事業収入や補助金、助成金、そして受託から得ている人もいるのではないでしょうか。

ビジネスなどをしていると、どこから収入を手にするか考えていかなければいけないですよね。

自分たちで収入を得てそれを「資金源」にしているという人もいれば、寄付を募って「資金源」にする人もいるかもしれません。

  • 「資金源」の読み方

「資金源」の読み方

「資金源」という表現は「しきんげん」と読みます。

ビジネスをしていると重要な表現になりますのでぜひ知っておきましょう。



「資金源」の表現の使い方

「資金源」という表現は「資金を提供するもの」を指しています。

ビジネスをするときにはどうしてもお金が必要ですよね。

しかし、自分のビジネスで収入を得て、それを資金にするということもあるかもしれません。

NPO等は営利目的ではありませんので、会費や寄付金から「資金源」を得ることになります。

資金がなければ活動できませんので、活動をしている以上はどこからかお金を得ているということになります。

「資金源」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「資金源」を使った例文1
  • 「資金源」を使った例文2

「資金源」を使った例文1

「NPO法人は会費や寄付金が資金源になっています」

NPO法人は営利目的ではないため、自分たちで収入を得るということがありません。

そのため、会費等を募ってそれを「資金源」にする必要があるのです。

NPO法人もお金が必要ですので、そのお金は会費や寄付金等でまかなわれていると言えるでしょう。

「資金源」を使った例文2

「父が会社を建てる時、資金源に悩んでいました」

会社を建てようとした時など、どうしても資金源に悩むこともあるかもしれません。

銀行からお金を借りることも可能ですし、親戚からの寄付で賄うことも可能ですよね。

しかし、やはり自分で貯金をしておかなければいけないこともあるでしょう。

資金源がしっかりしていなければ会社の経営に穴が空いてしまうこともあります。



「資金源」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「収入源」【しゅうにゅうげん】
  • 「金の出所」【かねのでどころ】

「収入源」【しゅうにゅうげん】

「収入源」というのは「収入を得る元」を指しています。

赤字になってしまい、何とか「収入源」を増やそうとする人もいるのではないでしょうか。

「金の出所」【かねのでどころ】

「金の出所」というのは「お金が出てきたところ」という意味になります。

パートナー等が何か高額なものを購入した場合、その「金の出所」が気になるかもしれませんね。

icon まとめ

「資金源」という表現は日常的にも使われますのでよく覚えておきたいですね。

ビジネスをしていなかったとしても、しっかりと貯金等を考えるためにお金について正しく認識していきたいものです。