意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「策略」とは?意味や使い方!例文や解釈

「策略」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「策略」という言葉を使った例文や、「策略」の類語を紹介して行きます。

策略

Meaning-Book
「策略」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「策略」とは?
  • 「策略」の英語と解釈
  • 「策略」の表現の使い方
  • 「策略」を使った例文や短文など
  • 「策略」の類語や類義語・言い換え


「策略」とは?

「策略」という言葉を知っているでしょうか。

「策略を巡らす」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「策略」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「策略」という言葉の意味を紹介します。

  • 「策略」の読み方
  • 「策略」の意味

「策略」の読み方

「策略」「さくりゃく」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「策略」「さくりゃく」と読みましょう。

「策略」の意味

「策略」という言葉の意味を紹介します。

「策略」には、「うまくやるためのはかりごと」という意味があります。

「はかりごと」には「計略」「陰謀」という意味があります。

「策略を巡らす」という言葉には、何かをうまくやるために、様々な計略や陰謀を使うという意味があります。

このように、「策略」という言葉には、「うまくやるためのはかりごと」という意味があります。



「策略」の英語と解釈

次に「策略」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「策略」は英語で、“stratagem”になります。

“stratagem”には「計略」「策略」という意味があります。

このように、「策略」を英語にしたい時は、“stratagem”という英語を使ってみましょう。

「策略」の表現の使い方

「策略」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「策略」には、うまくやるためのはかりごとという意味があるため、何かをうまくしたいと思った時に、計略や陰謀をする様子を見た時、「策略」という言葉を使ってみましょう。

例えば会社で出世するために、ライバル社員の悪い噂を流すような陰謀を仕掛けている姿を見た時、「出世のため、策略を仕掛ける」と表現できます。

このよに、誰かが計略や謀略を使っている様子を見た時、「策略」という言葉を使ってみましょう。



「策略」を使った例文や短文など

続いて「策略」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「策略」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「策略」を使った例文1
  • 「策略」を使った例文2

「策略」を使った例文1

「どうにかして、仕事を受注できないかと『策略』を巡らす」

この例文は、ビジネスシーンで「策略」という言葉を使った場面になります。

ある仕事を受注したいと思っているが、正式な手続きでは、どうやら受注できそうもないと思ったため、計略やはかりごとを考えています。

例えば学生時代のコネを使ったり、高額な接待をするなど、普通ならしないような「策略」を使うかもしれません。

「策略」を使った例文2

「片想いの女性と付き合うための、『策略』を思いつく」

この例文は、片想いの女性がいる男性についての文章になります。

普通に告白したらフラれてしまうと考えている男性が、術策を用いて、自分と付き合ってもらおうとしています。

例えば、友達に不良のふりをしてもらい、彼女に絡ませて、それを救う形で、女性と距離を近づけるような「策略」があるかもしれません。

「策略」の類語や類義語・言い換え

「策略」の類語や類似表現を紹介します。

「策略」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「小細工」【こざいく】
  • 「仕掛け」【しかけ】
  • 「トリック」
  • 「術策」【じゅっさく】
  • 「計略」【けいりゃく】
  • 「陰謀」【いんぼう】
  • 「遠謀」【えんぼう】
  • 「悪計」【あっけい】
  • 「奸計」【かんけい】

「小細工」【こざいく】

「小細工」には、「小さな細工」という意味があります。

「強敵と戦う時は、小細工しても意味がない」という文章には、強い相手と戦う時は、小さな細工をしたくらいでは勝てないという意味があります。

「仕掛け」【しかけ】

「仕掛け」という言葉には、「からくり」「たくらみ」という意味があります。

「種も仕掛けもない」という言葉には、手品などに、種もからくりもないという意味があります。

「仕掛け人」「複雑な仕掛け」などという使い方をします。

「トリック」

「トリック」には「たくらみ」「ずるい策」という意味があります。

「トリックを見破る」という言葉には「たくらみを見破る」という意味があります。

「術策」【じゅっさく】

「術策」という言葉には、「はかりごと」「たくらみ」という意味があります。

「術策を仕掛ける」「術策をかわす」などという使い方をします。

「計略」【けいりゃく】

「計略」という言葉には、「相手を騙す策略」という意味があります。

「計略を仕掛ける」「計略を見破る」などという使い方をします。

「陰謀」【いんぼう】

「陰謀」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「陰謀」には、「ひそかにたくらむ、悪いはかりごと」という意味があります。

「陰謀を企てる」には「悪いはかりごとを計画する」という意味があります。

「国家的な陰謀」「陰謀説」などという使い方をします。

「遠謀」【えんぼう】

「遠謀」という言葉には、「遠い将来のことまで考えたはかりごと」という意味があります。

例えば、3年後の様子を想像し、そこから逆算して仕掛けるようなはかりごとを、「遠謀」と言います。

「悪計」【あっけい】

「悪計」には、「悪い計略」という意味があります。

悪意のあるような、悪い計略を企てることを「悪計を企てる」という意味があります。

「悪計は、身を滅ぼす」という言葉には、悪い計略を誰かに仕掛けると、回り回って、自分が傷つくことになるという意味があります。

「奸計」【かんけい】

「奸計」には、「悪巧み」という意味があります。

「敵の奸計に引っかかる」という時は、敵の悪巧みに引っかかるという意味があります。

「奸計を見破る」「奸計に負けず、敵に勝つ」などという使い方をします。

icon まとめ

「策略」という言葉について見てきました。

誰かがうまくやるために、はかりごとをしている姿を見た時、「策略」という言葉を使ってみましょう。