意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「親密」とは?意味や使い方!例文や解釈

「親密」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「親密」という言葉の理解を深めていきましょう。

親密

Meaning-Book
「親密」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「親密」とは?
  • 「親密」の表現の使い方
  • 「親密」を使った言葉と意味を解釈
  • 「親密」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「親密」の反対語
  • 「親密」の類語や類義語・言い換え
  • 「親密」の英語と解釈


「親密」とは?

「親密」とは親しく交際をしていること、仲が良いことで、そのような様子のことでもあります。

  • 「親密」の読み方

「親密」の読み方

「親密」と書いて「しんみつ」と読みます。



「親密」の表現の使い方

「親密」とは親しく交際していること、仲が良いことを表す言葉ですから、自分のことにも人の様子にも使うことができます。

例えば誰かと仲良くさせてもらっているということを「親密な間柄です」「親密になった」という風に言い表すこともできます。

また人のことに対して仲が良いことを「彼らは親密な様子だ」「いつの間にか親密な間柄になっている」と言ったりもします。

「親密」を使った言葉と意味を解釈

「親密」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「親密な関係」
  • 「親密な間柄」
  • 「親密ではない」

「親密な関係」

「親密な関係」とはよく使われる言葉なのですが、意味としては関係性によって変わります。

例えば、仕事関係であるならば、良い取引相手であるとか、仕事の良きパートナーといった意味合いになります。

同性の友人関係、近所の付き合いといった関係性の場合は親しくしている、仲が良いといったことです。

異性同士に使う場合は「親密な関係」とは男女の関係にある、つき合っているといった意味合いになりますので使い方には注意も必要です。

「〇〇さんとは親密な関係ですから、事情はわかってもらえると思う」「あの二人、先月ぐらいから親密な関係ではないかと噂されていますよね」という風に使います。

「親密な間柄」

「親密な間柄」とは仲が良い関係、親しい関係といった意味になります。

「私と彼女は親密な間柄なので、聞けば教えてくれると思います」「彼と親密な間柄の人は、誰かいるのかな」という風に使います。

「親密な関係」と同じような意味合いで使うと覚えておきましょう。

「親密ではない」

「親密ではない」という言い回しは、関係性が良くありません、仲が悪いですということを遠回しに言う時に使ったり、少し距離感がある関係性であるという意味で使います。

はっきり「仲が悪いです」とは言えない時なども便利な言い回しと言えるでしょうか。

「彼と僕はみんなが思っているほど親密ではないのですよ」「以前ほど、親密ではないので、最近の彼女が何をしているかはちょっとわかりませんね」などと使います。



「親密」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「親密」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「親密」を使った例文1
  • 「親密」を使った例文2

「親密」を使った例文1

「親密な間柄とは言っても、表面的なことしかお互い知らないのだ」

「親密な間柄」と言いますと、親しい、仲が良い付き合いといった意味になります。

しかし例文のように、親しくはしていても、表面的なことしか知らないという場合もあります。

「親密」とは親しい交際という意味になりますが「深く知っている」という意味ではありません。

「親密」を使った例文2

「私と彼は、親密関係にはありません」

男女関係にあること、個人的な付き合いがあることを「親密な関係」と表現することができます。

例文の場合は、男女関係ではありませんということを言い表しているのです。

「親密」の反対語

「親密」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「疎遠」【そえん】
  • 「離れる」【はなれる】

「疎遠」【そえん】

「疎遠」とは交際が途絶えがちになるという意味になります。

「いとことはもう何年も疎遠だよ」「母とは昔から疎遠な関係にありました」という風に使います。

「離れる」【はなれる】

「離れる」とはそれまで親しくしていた相手と距離をとる、関わりを薄くする、遠ざかるといった意味で使います。

「彼とは自然と離れた」「先生とは離れることにした」という風に使います。

「親密」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「親密」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「友好」【ゆうこう】
  • 「親しい」【したしい】
  • 「懇意」【こんい】
  • 「密接」【みっせつ】
  • 「誼み」【よしみ】

「友好」【ゆうこう】

「友好」とは仲の良い交際のことを言います。

「友好関係にある」「友好を結んだ」などと使います。

「親しい」【したしい】

「親しい」とは心が通じていて仲が良いことを言います。

「親しい友人を頼る」「親しい関係にある」という風に使います。

「懇意」【こんい】

「懇意」とは親しくしていること、遠慮がいらない関係性であることを言います。

「彼とは懇意にしているから大丈夫だ」「懇意な間柄」などと使います。

「密接」【みっせつ】

「密接」とは関係が非常に深いという意味になります。

「あの会社と我が社は昔から密接に繋がっているのだ」「密接に結びついている」という風に使います。

「誼み」【よしみ】

「誼み」とは親しい間柄、交わりという意味になります。

「昔の誼みで何とかなった」「同郷の誼み」などと使います。

「親密」の英語と解釈

親密 meaning in english

「親密」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“familiar”(慣れ親しい)、“friendly”(仲の良い)、“intimate”(異性との関係が親しい)という単語を使います。

「親密」の意味合いに合わせて選ぶといいでしょう。

例文は“I am friendly with him”(彼とは親密である)、“He soon became intimate with that actress”(彼はまもなく、その女優と親密になった)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「親密」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「親密」とは親しく交際をしていること、仲が良いことという意味になります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。