意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「納期」とは?意味や使い方!例文や解釈

「納期」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「納期」という言葉を使った例文や、「納期」の類語を紹介して行きます。

納期

Meaning-Book
「納期」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「納期」とは?
  • 「納期」の英語と解釈
  • 「納期」の表現の使い方
  • 「納期」を使った例文や短文など
  • 「納期」の類語や類義語・言い換え


「納期」とは?

「納期」という言葉を知っているでしょうか。

仕事を持っている人は「仕事の納期が近づいている」という人もいるでしょう。

一方で、「納期」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「納期」という言葉の意味を紹介します。

  • 「納期」の読み方
  • 「納期」の意味

「納期」の読み方

「納期」「のうき」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「納期」「のうき」と読みましょう。

「納期」の意味

「納期」という言葉の意味を紹介します。

「納期」には、「金品を納める期限」という意味や、「品物を納める期限」という意味もあります。

「仕事の納期が近づいている」という時は、クライアントから発注された品物を納める時期が近付いているという意味になります。

また銀行などにお金を返済する期日が近づいているケースでも「納期が近づいている」などと言います。

このように、「納期」という言葉には、「金品を納める期限」という意味や、「品物を納める期限」という意味もあります。



「納期」の英語と解釈

納期 meaning in english

「納期」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「納期」は英語で、“the date of payment”になります。

“the date of payment”という英語には、「支払日」「納期」という意味があります。

また「納期」という言葉は、“the date of delivery”という英語にすることもできます。

“the date of delivery”には「配達日」「納期」という意味があるためです。

このように「納期」という言葉を英語にしたい時は、“the date of payment”“the date of delivery”という言葉を使ってみましょう。

「納期」の表現の使い方

「納期」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。

「納期」には「金品を納める期限」という意味や、「品物を納める期限」という意味があります。

そのため、これらの期限について話をする時、「納期」という言葉を使ってみましょう。

例えばビジネスシーンで、クライアントから指示された、品物を納める期限に間に合わないと感じた時、先方に電話をして、「納期に遅れそうです」などと伝えます。

このように、金品を納める期限や、品物を納める期限について話す時、「納期」という言葉を使ってみましょう。



「納期」を使った例文や短文など

次に「納期」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「納期」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「納期」を使った例文1
  • 「納期」を使った例文2

「納期」を使った例文1

「台風が来たため、品物の『納期』が来たが、トラックで運べない」

この例文のような事態が起こるかもしれません。

仕事先から商品の作成を依頼される時は、商品の内容について打ち合わせをし、さらに「納期」についても話し合います。

しかし、品物を納める期限までに商品を作成し、いよいよトラックで運ぼうとしたら台風が来てしまい、運ぶ手段を失ってしまうようなこともあるでしょう。

「納期」を使った例文2

「仕事の『納期』が近づいているため、徹夜で作業する」

この例文は、受注した仕事を終えるため、徹夜で作業している人を描写した文章になります。

実際に仕事を終えるために、徹夜作業をした人、遅くまで会社に残り作業を続けた人もいるかもしれません。

頑張っても間に合わないと思わる時は、事前に先方に「納期の変更」をお願いするといいでしょう。

「納期」を過ぎて間に合わないことに気付くより、相手の被害が少なくなるためです。

「納期」の類語や類義語・言い換え

「納期」の類語や類似表現を紹介します。

「納期」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「期限」【きげん】
  • 「期日」【きじつ】
  • 「締め切り」【しめきり】
  • 「日限」【にちげん】
  • 「年限」【ねんげん】
  • 「門限」【もんげん】
  • 「時限」【じげん】

「期限」【きげん】

「期限」という言葉には、「あらかじめ決められた一定の時」という意味があります。

「支払期限」という言葉には、あらかじめお金を支払うように決められた時という意味があります。

「期日」【きじつ】

「期日」という言葉には、「決められた日」という意味があります。

例えば「約束の期日までに納めるように」などという使い方をします。

決められた日までに品物やお金を納めるようにという意味があります。

「締め切り」【しめきり】

「締め切り」という言葉には、「取り扱いを打ち切る期日」という意味があります。

例えば、「願書の締切日」は、願書を取り扱う最終の日になり、それ以降は願書を送っても先方は受け取ってくれないかもしれません。

また仕事の「納期」「締め切り」というケースもあります。

「日限」【にちげん】

「日限」という言葉には、「日を限って定めた日」という意味があります。

例えば定期券には、有効期間の最初の日と最後の日がありますが、最後の日を過ぎると「日限が切れた」ことになります。

「年限」【ねんげん】

「年限」という言葉には、「年単位の期限」という意味があります。

例えば、定年退職の年が、あらかじめ決まっている会社もあるでしょう。

このような時、「定年退職の年限を迎える」などと言います。

「門限」【もんげん】

「門限」という言葉には、「門を閉じて、出入りさせないと定めた時刻」という意味があります。

例えば中世の城郭都市は、城壁に囲まれた空間に街があります。

そのため街の外から中に入る時は、城壁の門をくぐることになります。

しかし、定められた時間、つまり「門限」を過ぎると、城壁の門をくぐれなくなってしまいます。

「時限」【じげん】

「時限」という言葉には、「時間や期限などを限定すること」という意味があります。

「時限爆弾」は、時間を限定して爆発させる爆弾のことを言います。

icon まとめ

「納期」という言葉について見てきました。

金品を納める期限や、品物を納める期限が近づいてきた時などに、「納期」という言葉を使ってみましょう。