意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「締め切り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「締め切り」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「締め切り」という言葉について詳しく紹介していきます。

締め切り

Meaning-Book
「締め切り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「締め切り」とは?
  • 「締め切り」の表現の使い方
  • 「締め切り」を使った例文と意味を解釈
  • 「締め切り」の類語や類義語


「締め切り」とは?

「締め切り」というのは扉や窓などを閉めたままにすること、という意味もありますが、一般的には物事を打ち切って終わりにすること、特に期限や時限等を定めて事務の取扱等を打ち切ること、という意味になります。

例えば、何かを募集するときには必ず「締め切り」を決めますよね。

永遠に応募を受け付けるというわけにはいきませんので、例えば「この日が締め切りになります」などと打ち切るものです。

これを「締め切り」といいます。

  • 「締め切り」の読み方

「締め切り」の読み方

「締め切り」「しめきり」と読みます。

ビジネスでもよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「締め切り」の表現の使い方

「締め切り」という表現はビジネスなどで時期を打ち切る時に使われる表現です。

例えば、何か商品を購入した時、「50名様にプレゼント」などというキャンペーンが書かれていることがありますよね。

そのようなものは応募の「締め切り」が決まっていますので、それに合わせて応募しなければいけません。

「締め切り」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「締め切り」を使った例文1
  • 「締め切り」を使った例文2

「締め切り」を使った例文1

「締め切りが明日だから、今夜は徹夜かもしれません」

漫画家や作家が締め切りの前に焦っている姿などを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

アニメなどでも締め切りギリギリで作品を仕上げている漫画家や作家が出てくることがありますよね。

締め切りまでに仕上げなければ出版に影響が出ますので、なんとしても終わらせなければいけません。

「締め切り」を使った例文2

「もう締め切りが過ぎてしまったので、もしかしたら受け取ってもらえないかもしれません」

締め切りが過ぎてしまった場合、応募をしても受け取ってもらえない可能性が高いといえます。

その一方で、場合によっては締め切りを過ぎてもきちんとした説明をすることで受け取ってもらえる可能性もあるでしょう。

例えば、大学のレポート等は締切日が過ぎてしまうとほとんど受け取ってもらえませんが、特別な事情があるならば、事前に話をしておくことで受け取ってもらえる可能性もあります。

何にせよ、事前に説明することが大切です。



「締め切り」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「終わり」【おわり】
  • 「完結」【かんけつ】

「終わり」【おわり】

「終わり」というのは終わること、という意味になります。

物事が終わる、最後、などという時に使われます。

「完結」【かんけつ】

「完結」という表現は大型のシリーズが終わることを指しており、続いていた物事などがすっかり終わることを表します。

「連続ドラマが完結する」などと表現します。

icon まとめ

「締め切り」という表現は日常的にも使われますので覚えておきましょう。

ビジネスにおいても大切な表現の1つです。