意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恙無く」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「恙無く」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「恙無く」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「恙無く」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「恙無く」とは?
  • 「恙無く」の語源
  • 「恙無く」の表現の使い方
  • 「恙無く」を使った例文と意味を解釈
  • 「恙無く」の類語や類義語・言い換え


「恙無く」とは?

「恙無く」とは異常がない、無事であるという意味になります。

  • 「恙無く」の読み方

「恙無く」の読み方

「恙無く」と書いて「つつがなく」と読みます。



「恙無く」の語源

「恙無く」「恙」とは何かと言えば、病気などの災難、煩いのことです。

ですから「恙無く」とは病気などによる災難であったり、煩わせるものがなく、異常がない、無事ですよということになるのです。

「恙無く」の表現の使い方

「恙無く」とはもともとは「恙無い」という言葉ですが、使う時は「恙無く」と使われることが多いのです。

例えば「恙無く予定は無事に終えることができました」「恙無く暮らす」という風に使います。



「恙無く」を使った例文と意味を解釈

それでは「恙無く」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「恙無く」を使った例文1
  • 「恙無く」を使った例文2

「恙無く」を使った例文1

「恙無く暮らしておりますので、心配は無用です」

「恙無い」「恙無く」とは今、日常会話ではそれほど使う言葉とは言い難いのですが、文章表現などでは「恙無く」を使うことで「病気などなく」「困るようなこともなく」といった意味合いを一言で言い表すことができますので便利です。

「恙無く」を使った例文2

「途中どうなることかと思ったが、恙無く旅行を終えることができた」

「恙無く」とは、病気などの災難、煩いなどがない、つまり無事に、予定通りにという意味合いにもなります。

「恙無く終了」という言い回しも覚えておきますと便利です。

意味は「異常なく終える」ということになります。

「恙無く」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「恙無く」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「滞りなく」【とどこおりなく】
  • 「無事に」【ぶじに】
  • 「変わりなく」【かわりなく】
  • 「異常なし」【いじょうなし】

「滞りなく」【とどこおりなく】

「滞り」とは物事が順調にいかないこと、つっかえること、障害やさしさわりという意味です。

「滞りなく」は障害などなく、順調にという意味になります。

また「滞り」とは期限が来ても、支払わないという意味もありますから「滞りなく、支払うように」とも言います。

「滞りなく、会は終了した」「イベントは滞りなく行われた」などと使います。

「無事に」【ぶじに】

「無事に」とはとりたてて、変わったことがなく、事故や病気など起こらないといった意味があります。

「無事に帰りつく」「無事に過ごしていますのでご心配なく」「どうやら無事にたどり着いたようだね」などと使います。

「変わりなく」【かわりなく】

「変わりなく」とは様子や状態が以前と同じである、変化なし、という意味で使います。

「我々は変わりなくやっているよ」「あの会社は今も変わりなく存続している」「特に変わりなく、過ごしております」という風に使います。

「異常なし」【いじょうなし】

「異常」とはいつもとは違うこと、普通とは違うこと、という意味で使う言葉です。

「異常なし」とはいつも通りである、変わりないという意味です。

「今日も特別な異常なし」「こちらの様子に、異常はない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「恙無く」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「恙無く」とは異常がない、無事でという意味で使います。

日常的な会話で使うことはそれほどないかもしれませんが、言葉の意味をしっかり覚えておきましょう。

文章、手紙などでさらりと「恙無く」と使いますと素敵です。