意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先着順販売」の意味とは!類語や言い換え

皆さんは「先着順販売」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、東京オリンピックが近づいた今年、特に注目キーワードの1つと言っても過言ではありません。

そこで今回は、この「先着順販売」という言葉にフォーカスしていくことにします。

先着順販売

Meaning-Book
「先着順販売」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「先着順販売」とは?
  • 「先着順販売」の具体例や表現の使い方
  • 「先着順販売」を使った例文と意味を解釈
  • 「先着順販売」の類語や言い換え


「先着順販売」とは?

チケット販売には、先行販売の先着順と抽選があるのですが、「先着順販売制」は受付期間中に先着順に座席を確定して購入する方法です。

一方の「抽選制」の場合になると、受付期間中に申込順に関係なく、抽選をして当選者が購入できる方法となっています。

  • 「先着順販売」の読み方

「先着順販売」の読み方

「先着順販売」「せんちゃくじゅんはんばい」という読み方になりますが、難しい漢字を使っているわけではありませんし、ホットなキーワードなので、間違いないようにしっかりとチェックしておきましょう。



「先着順販売」の具体例や表現の使い方

「先着順販売」の具体的な例としては、何と言っても、東京オリンピックでしょう。

「先着順販売」の開始が2019年秋に予定されているのですが、かなりのアクセスが予想されます。

1回目のチケット販売は抽選だったので、期間内だといつでも申し込みできたのですが、「先着順販売」は、かなり殺到するはずです。

「先着順販売」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「先着順販売」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「先着順販売」を使った例文1
  • 「先着順販売」を使った例文2

「先着順販売」を使った例文1

「大好きなユニットのコンサートチケットが朝10時からの先着順販売開始だったので、家族に協力してもらい、ネットにアクセスし続けた」

「先着順販売」は今ではもっぱらインターネットでの申し込みです。

しかし、発売開始とともに一斉に多くの人がアクセスして来るので、中々買うことができません。

「先着順販売」を使った例文2

「明日の朝9時から先着順販売となると、前の日から並んでも、本当に買うことができるか分からない」

「先着順販」となると、インターネットによる販売や電話受付というイメージがありますが、このように並んで買うということもあります。

その場合、もしかすると、何日も前から並ぶ必要があるかもしれません。



「先着順販売」の類語や言い換え

「先着順販売」を外の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「早い者勝ち」【はやいものがち】
  • 「売り切れ御免」【うりきれごめん】

「早い者勝ち」【はやいものがち】

「早い者勝ち」という言葉が「先着順販売」の類義語として扱うことができます。

「早く受付が終わった者から買うことができる」という意味で使われています。

「売り切れ御免」【うりきれごめん】

「売り切れ御免」も同じく「先着順販売」の類義語として使える言葉です。

「早く手を挙げて買っていくのですが、数量限定で売り切れたら後はない」という意味になります。

icon まとめ

「先着順販売」という言葉が東京オリンピックを目前にホットなキーワードになって来ましたが、他にも人気グループのコンサートチケット販売でもよく使われています。