意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未読無視」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「未読無視」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「未読無視」について紹介していきます。

Meaning-Book
「未読無視」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「未読無視」とは?
  • 「未読無視」の語源や由来
  • 「未読無視」の表現の使い方
  • 「未読無視」を使った例文と意味を解釈
  • 「未読無視」の類語や類義語・言い換え


「未読無視」とは?

これはLINEなどメッセージがいつまでたっても既読にならないという場合に使われる表現です。

かつて、「既読無視」という表現が使われるようになりましたね。

「既読無視」というのはLINEなどのSNSが既読になったにもかかわらず返信がない状態を指しています。

それに対し、「未読無視」というのはそもそも未読にならない状態を指すのです。

メッセージさえ読んでもらえないということで「自分は嫌われてしまったのではないか」などという心理に陥ることがあると指摘されています。

  • 「未読無視」の読み方

「未読無視」の読み方

これは「みどくむし」と読みます。

若い人たちの間でよく使われる表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「未読無視」の語源や由来

多くの人が使っているLINEには、メッセージを受け取った側がそのメッセージを開くと「既読」という表示がなされます。

かつて、既読になったにもかかわらず返信がないということを「既読無視」、あるいは「既読スルー」と言われるようになりました。

そこから、メッセージを読んでくれないという状況を「未読無視」あるいは「未読スルー」というようになったとされます。

LINEを使えば、既読無視や未読無視といった表現はよく使われますので、覚えておきたいものです。

「未読無視」の表現の使い方

メッセージを送っても読んでもらえない、既読にならない、という時に「未読無視」という表現が使われます。

そもそも既読になれば良いですが、既読にならないとメッセージを読んでもらえていない、いつまでたっても未読のまま、ということですよね。

いつまでたっても未読のままという時に「未読無視」という言葉が使われるのです。



「未読無視」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「未読無視」を使った例文1
  • 「未読無視」を使った例文2

「未読無視」を使った例文1

「未読無視はショックですね」

未読無視というのは読んでもらえないという事ですので、ショックを受けてしまう女性が多いと言われています。

既読無視よりも悪い、と考える女性も珍しくありません。

メッセージを開けてさえもらえないとなれば、自分はそんなにも気にならない存在なのかと落ち込んでしまうのです。

「未読無視」を使った例文2

「未読無視にはそれなりに理由があるんです」

その一方で未読無視をする人の中は、未読無視には理由があると主張する人もいます。

例えば、一度でも既読にしてしまうと返信をしたかどうかわからなくなってしまう、未読にしておけば後からちゃんと確認できる、という考え方があります。

つまり、その時点では未読だけれど、後できちんと確認するつもりだった、という理由が存在する場合もあるのです。

「未読無視」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「未読スルー」【みどくするー】
  • 「既読無視」【きどくむし】

「未読スルー」【みどくするー】

「未読する」というのは「未読無視」と同じく、未読のまま返信しない、既読にさえしない、という意味になります。

「スルー」という言葉には相手にしない、受け流す、無視する、などという意味があります。

「既読無視」【きどくむし】

「既読無視」というのはLINEなどにおいてメッセージを読んだにもかかわらず返信しない、という状態を指しています。

LINEでは「既読」という表示がなされますが、そのまま返信しない状態を指しています。

icon まとめ

「未読無視」されてしまうとショックを受けるという人もいるかもしれません。

しかし、未読無視にはそれなりに理由があることも多く、必ずしも無視されているとは限らないということも覚えておきたいですね。