意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恩を売る」の意味とは!言葉を徹底解説

「恩を売る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「恩を売る」という言葉を使った例文や、「恩を売る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「恩を売る」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「恩を売る」とは?
  • 「恩を売る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「恩を売る」を使った例文や短文など


「恩を売る」とは?

「恩を売る」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事を手伝って、恩を売る」人を見たことがあるかもしれません。

一方で、「恩を売る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「恩を売る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「恩を売る」の読み方
  • 「恩を売る」の意味

「恩を売る」の読み方

「恩を売る」「おんをうる」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「恩を売る」「おんをうる」と読みましょう。

「恩を売る」の意味

「恩を売る」という言葉の意味を紹介します。

「恩を売る」には、「相手からの感謝や、見返りなどを期待して、恩を施す」という意味があります。

「仕事を手伝って恩を売る」人は、仕事を手伝うことで、何かしらの見返りを期待する人という意味があります。

「仕事を手伝ったから、ランチをご馳走して」などという人は「恩を売る」人と言えるでしょう。

このように、「恩を売る」には、「相手からの感謝や、見返りなどを期待して恩を施す」という意味があります。



「恩を売る」の類語や類似表現や似た言葉

次に「恩を売る」の類語や類似表現を紹介します。

「恩を売る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「恩を着せる」【おんをきせる】
  • 「恩を仇で返す」【おんをあだでかえす】

「恩を着せる」【おんをきせる】

「恩を着せる」には、「恩を施し、ことさらありがたく思わせようとすること」という意味があります。

コンビニで飲み物を奢った程度で、ありがたく思わせようとする人は、「恩を着せている」と言えるでしょう。

「恩を仇で返す」【おんをあだでかえす】

「恩をあだで返す」には、「受けた恩に感謝せず、相手が損をするような行動をすること」という意味があります。

助けてくれた人を裏切るような行動をする人は、「恩をあだで返している」と言えるでしょう。

「恩を売る」を使った例文や短文など

続いて「恩を売る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「恩を売る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「恩を売る」を使った例文1
  • 「恩を売る」を使った例文2

「恩を売る」を使った例文1

「金を貸して『恩を売り』、自分の目的達成のため利用しようとする」

この例文のように、金を使って相手に恩を施し、見返りを求める人がいます。

このような人にはなるべく近づかないようにしましょう。

「恩を売る」を使った例文2

「30分仕事を手伝っただけで、『恩を売る』のはずうずうしい」

この例文のように、ちょっと仕事を手伝っただけで、相手に感謝を期待したり、見返りを期待するのはずうずうしい行為と言えます。

ちょっとした手伝いは、何も見返りを求めずできるようになると、人徳が上がるかもしれません。



icon まとめ

「恩を売る」という言葉について見てきました。

相手からの見返りや感謝の言葉を期待して、相手に恩を施すような行為を「恩を売る」と言います。