意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恩を着せる」の意味とは!類語や言い換え

「恩を着せる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「恩を着せる」という言葉を使った例文や、「恩を着せる」の類語を紹介して行きます。

恩を着せる

Meaning-Book
「恩を着せる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「恩を着せる」とは?
  • 「恩を着せる」を使った例文や短文など
  • 「恩を着せる」の類語や類義語・言い換え


「恩を着せる」とは?

「恩を着せる」という言葉を知っているでしょうか。

「同僚に恩を着せる」タイプの人が同じ職場にいるかもしれません。

一方で、「恩を着せる」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「恩を着せる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「恩を着せる」の読み方
  • 「恩を着せる」の意味

「恩を着せる」の読み方

「恩を着せる」「おんをきせる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「恩を着せる」「おんをきせる」と読みましょう。

「恩を着せる」の意味

「恩を着せる」という言葉の意味を紹介します。

「恩を着せる」には、「相手のためにわざわざ行ったように扱い、ありがたがらせようとする様子」という意味があります。

例えば自分のために何かをしたのに、同僚のためにやってあげたというふりをして、同僚にありがたがらせようとする時、「同僚に恩を着せる」と言います。

このように、「恩を着せる」言葉には、「相手のためにわざわざ行ったように扱い、ありがたがらせようとする様子」という意味があります。



「恩を着せる」を使った例文や短文など

「恩を着せる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「恩を着せる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「恩を着せる」を使った例文1
  • 「恩を着せる」を使った例文2

「恩を着せる」を使った例文1

「自分用の料理を作ったが、彼のために作ったと言って『恩を着せる』」

自分のための料理を作ったタイミングで、誰かが家に帰ってきた時、「料理を作って待ってたよ」などと言うと、相手が感謝します。

このような行為を「恩を着せる」と言います。

「恩を着せる」を使った例文2

「彼女はすぐに『恩を着せる』ような言動をする」

この例文のように、何かにつけて他人のために行動しているようなふりをしている人がいます。

しかしよく見ていると、自分のためにしか、行動しないタイプだったりします。

このような人は「恩を着せる」タイプの人と言えるでしょう。

「恩を着せる」の類語や類義語・言い換え

次に「恩を着せる」の類語や類似表現を紹介します。

「恩を着せる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「親切ごかし」【しんせつごかし】
  • 「世話を焼く」【せわをやく】

「親切ごかし」【しんせつごかし】

「親切ごかし」には、「親切らしく見せて、自分の利益を図ること」という意味があります。

「恩を着せる」と似た意味があるため、言い換えに使えるでしょう。

「世話を焼く」【せわをやく】

「世話を焼く」には「他人を世話する」「進んで他人の面倒を見る」という意味があります。

「子供の世話を焼く」「彼氏の世話を焼く」などという使い方をします。



icon まとめ

「恩を着せる」という言葉について見てきました。

誰かのためにわざわざしたふりをして、ありがたがらせようとする時、「恩を着せる」という言葉を使ってみましょう。