意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「機会を設ける」とは?意味と類語!例文と使い方!

「機会を設ける」は、一般的な会話、ビジネスシーンなどでも比較的使われることが多い言葉です。

それでは「機会を設ける」について意味、使い方など詳しくまとめましたので一緒に見ていきましょう。

機会を設ける

Meaning-Book
「機会を設ける」とは?意味と類語!例文と使い方!>


目次

  • 「機会を設ける」とは?
  • 「機会を設ける」の類語や言い換え
  • 「機会を設ける」の使い方
  • 「機会を設ける」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「機会を設ける」の英語や解釈


「機会を設ける」とは?

「機会を設ける」「機会」とは何か行動を起こすのに一番、都合がよい時機であるという意味を持つ言葉です。

ちょうどよい折、チャンスといった意味でも使われます。

「設ける」とは前もって準備をしておくこと、作ること、設置することといった意味を持つ言葉となります。

つまり「機会を設ける」とは何かの行動をするにあたって、ちょうどいい時を準備する、用意するといった意味になるのです。

  • 読み方

読み方

「機会を設ける」「きかいをもうける」と読みます。

ビジネスでよく使われる言葉だからと言って「設ける」「儲ける」などと間違えて変換しないように注意をしてください。



「機会を設ける」の類語や言い換え

「機会を設ける」の意味が理解できたところで、同じような意味合いを持つ言葉、また「機会を設ける」を言い換える時に合う言葉を紹介しましょう。

  • 「時機を見計らう」【じきをみはからう】
  • 「場を作る」【ばをつくる】
  • 「チャンスを与える」【ちゃんすをあたえる】

「時機を見計らう」【じきをみはからう】

「時機」とは何かをするのにちょうどいい時、しおどきといった意味を持つ言葉です。

また「見計らう」とは見当をつける、適当なものを決めるといった時に使う言葉ですから「時機を見計らう」でちょうどいい時を決めるといった意味になります。

「機会を設ける」と同じ意味合いを持つ言い方となります。

「場を作る」【ばをつくる】

「場を作る」とは「機会を設ける」をかなり簡単に言い表した言葉となります。

「機会を設ける」「場を作る」もどちらも、受け身ではなくこちら側から積極的にはたらきかけるという意味になります。

何事も自分から動かなければ、いい方向へ変えていくことはできないでしょう。

特に仕事においてはなおさら積極性が求められる機会が多いのです。

ですから「機会を設ける」「場を作る」などは頻繁にビジネスの場で使われる言葉と言えるでしょう。

「チャンスを与える」【ちゃんすをあたえる】

「機会を設ける」と同じ意味合いとなりますが「チャンスを与える」という言い方は少々上から目線的な印象を与えてしまいます。

ですから目上の人から目下の人へ使うには問題ありませんが、同等、もしくは目上の人に使うべきではないでしょう。

何かお願いをする時、自分の方から「機会を設けてください」とは上から目線ですので「チャンスを与えてください」と言う方が自然ですし好印象となります。

「機会を設ける」の使い方

「機会を設ける」とは日常会話においても、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。

それでは「機会を設ける」という言葉を敬語で使う時、仕事で使う時それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

  • 「機会を設ける」敬語での使い方
  • 「機会を設ける」ビジネスでの使い方
  • 立場が上の人が自分のために時間を作ってくれたことに対しての返答

「機会を設ける」敬語での使い方

「機会を設ける」を敬語で使う場合、例えば「機会を設けてくださってありがとうございます」とはあまり言いません。

間違いでもないのですが、敬語で言うならば「お時間を空けてくださいましてありがとうございます」「お時間を割いていただきありがとうございます」などが妥当でしょうか。

また「貴重なお時間をいただき・・・」でもいいでしょう。

目上の人から目下の人の場合は「機会を設ける」「チャンスを与える」など、そのまま使っても構わないでしょう。

「機会を設ける」ビジネスでの使い方

「機会を設ける」とは複数の人が集まる際によく使われる言葉です。

「今度、改めて別の機会を設けましょう」など日常会話としてもさらりと言えるとスマートです。

「今度また」「ぜひまた」などと軽く済ませるより「機会を設ける」という言葉を入れることで次に繋げることができますので約束を取り付けたい、今後取引を長く続けていきたいと思うならば積極的にこちら側から「機会を設ける」という言葉を使い、行動をとるようにしましょう。

立場が上の人が自分のために時間を作ってくれたことに対しての返答

何か機会を設け、自分より上の立場の人がそれに応えてくれた場合は「機会を設ける」という言葉を使うより敬語でお礼を言う方が妥当ですし「今度、機会を設けますので来てください」などとは言わないのです。

「貴重なお時間をいただきありがとうございます」がお礼の言葉となりますし、また時間を作ってほしい際は「また、お時間をいただいてよろしいでしょうか。

ぜひお願いいたします」
の方が好印象でしょう。



「機会を設ける」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「機会を設ける」を使った例文を紹介しますので、使い方のイメージを掴んでみてください。

  • 「機会を設ける」を使った例文1
  • 「機会を設ける」を使った例文2

「機会を設ける」を使った例文1

「もっと理解しあいたいので、食事会の機会を設けました」

一度会っただけでは、相手のことはよくわかりませんし、これからもっと仲良くなりたいという時などは、素直に気持ちを表現した方がいいでしょう。

「もっと仲良くなりたいので食事会をしましょう」という意味で、招待する言葉として使えます。

ただし、同等、もしくは自分より目下の人に対してとなります。

目上の人には使いません。

「機会を設ける」を使った例文2

「その話は詳しく聞きたいので、別の機会を設けてください」

仕事や趣味など、出会った人ともっと詳しく語りたいけれど、今日は時間がないといった時に、相手に「今度また会いたい」という気持ちを込めて使える言葉となります。

また「今度また会いたい」と言うことで「今日は早々に切り上げるけれど、あなたのことを嫌っているわけではない」という気持ちを見せることもできます。

社交上手な人はこのように次に繋がる言葉を使うのがとても上手なものです。

「機会を設ける」の英語や解釈

機会を設ける meaning in english

「機会を設ける」を英語で言えば“provide an opportunity for”となります。

例文は“To provide an opportunity for easily changing a message passing pattern.”で意味は「メッセージの通知パターンを簡単に変える機会を設けること」となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「機会を設ける」というよく使われる言葉の意味を詳しく理解できたのではないでしょうか。

「また今度」と言うよりも「また会う機会を設けましょう(設けてください)」の方が嬉しい気持ちになります。

ぜひ使ってみてください。