意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「スピーディー」の意味とは!例文や表現の使い方

「スピーディー」は、色々な場面で使える便利な表現です。

ビジネスでも普通に使われています。

スピーディー

Meaning-Book
「スピーディー」の意味とは!例文や表現の使い方>


目次

  • 「スピーディー」とは?
  • 「スピーディー」の類語
  • 「スピーディー」の表現の使い方
  • 「スピーディー」を使った例文と意味を解釈


「スピーディー」とは?

「スピーディー」は、「素早く」、または「素早い」という意味で使います。

「スピーディーな処理が求められる」とすると、「素早い処理が求められる」となり、「スピーディーに終わらせるに越したことはない」とした時には、「素早く終わらせるに越したことはない」という解釈です。

それだけの意味なので、冒頭のように、色々な場面で用いることができる言葉です。

ビジネスで使われることも多く、「できるだけスピーディーに」(できるだけ素早く)のような方は、ごく日常的にオフィス内で見聞きします。



「スピーディー」の類語

スピーディーと同じ意味の言葉や表現です。

これらをカタカナ語にしたものが「スピーディー」だと考えていいでしょう。

  • 「迅速」(じんそく)
  • 「速やか」(すみやか)

「迅速」(じんそく)

この言葉も、「素早く」「素早い」という意味になり、「スピーディーな回答を求めます」は、「迅速な回答~」と使うことができます。

「速やか」(すみやか)

上の「迅速」と同じく、スピーディーの置き換え表現となります。

先の例文にこの言葉を使うと、「速やかな回答~」となります。

これらはどれも、全く同じ(解釈)意味で使える言葉や表現です。

横文字が苦手という人は、この「迅速」や「速やか」と言い換えてください。

「スピーディー」の表現の使い方

スピーディー」は、素早く行って欲しい、素早い行動が必要だといった時に用いる言葉です。

その為、あまり目上の人や、上司などの自分より立場が上の人に対して使う表現ではありません。

「可能な限り、スピーディーに行いました」といったように、この言葉が掛かる対象が自分であれば構いませんが、「スピーディーにお願いします」といった使い方は、上のような人には使うべきではありません(くだけて言うと、「早くしろ」という解釈になってしまいます)。



「スピーディー」を使った例文と意味を解釈

「スピーディー」を使った例文と、その意味の解釈です。

簡単な意味の言葉なので、例文の解釈もとても簡単です。

  • 「スピーディー」を使った例文1
  • 「スピーディー」を使った例文2

「スピーディー」を使った例文1

「彼の仕事は確かだが、今ひとつスピーディーさが足りない」

確かな仕事をする彼ですが、少し素早さが足りないと言っています。

仕事は何より間違えずにこなすことが一番だと言えますが、時には多少のミスがあろうと、迅速さが一番重視されるようなこともあります。

この彼は、丁寧な仕事はするものの、そのような仕事には向いていないかも知れません。

「スピーディー」を使った例文2

「可能な限り、スピーディーな対応ができたと思う」

できる限り、速やかな対応ができたと思っているようです。

自分でそのように思っていれば、普通に使って構わない表現です。

あくまで「素早い」「迅速」などと置き換えて使う言葉なので、本当にそうだったのかは関係ありません。

icon まとめ

スピーディーは、社名や商品名にもよく使われている、素早さの表現です。

このような名前が付いていると、それだけスピードに関しては自信があるのだと考えてしまいそうです。