意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「迅速」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

迅速という言葉を聞く機会はとても多いです。

迅速に行動をしてくださいと言われる機会は多いですし、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。

迅速に動くことが出来るものが能力が高いと言われていますし、現代で使われるシーンが増えていると言えるでしょう。

こちらの何気なく使われている迅速ですが、どういった意味があるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

迅速

Meaning-Book
「迅速」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「迅速」の意味とは?
  • 「迅速」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「迅速」の言葉の使い方
  • 「迅速」を使った例文と解釈
  • 「迅速」の対義語
  • 「迅速」と「早々」の違い
  • 「迅速」と「早速」の違い
  • 「迅速」を使った言葉と解釈


「迅速」の意味とは?

迅速の意味にはどういった意味があるのかということですが、かぎりなく速く、滞りなくという意味があります。

物事の進行が極めて素早いというさまを示していて、行動なども素早いことを示しています。

たとえば、ビジネスシーンで使われることが多く、正確に仕事を終えるという意味合いで使うことが多いです。

また、仕事上の専門用語として、普段は使われることになります。

さらに、スピーディーというだけではなく、迅速には、物事を正確に、かつ丁寧に終わらせるという意味合いもあります。

真っ直ぐにそのことだけを行い、他のことに気を止めないという意味もあります。

集中してその物事をこなすという背景なども意味します。

  • 「迅速」の読み方

「迅速」の読み方

迅速の読み方ですが、「じんそく」という形で読むことになります。

迅速は有名な言葉ですので、間違えることはないと言えるでしょう。

しかし、瞬速などの「しゅんそく」と間違えてしまうこともありますので、読み方と漢字には注意が必要となります。

音読みで読むだけなので、比較的分かりやすい読み方の言葉となっています。



「迅速」の類語や言い換え・似た言葉

迅速の類語、言い換え、似た言葉には何があるでしょうか。

迅速はスピーディーに、そして、正確に丁寧に物事を進めていくさまを表します。

従って、速度を意味する言葉に置き換えることが出来ます。

  • 「速やか」
  • 「手っ取り早い」
  • 「急速」

「速やか」

迅速という言葉は、速やかという言葉に置き換えたり言い換えることが出来ます。

類語とも言い、同じような意味となります。

迅速にという言葉の代わりに速やかにということも出来ます。

しかし、速やかにという言葉には迅速のように正確性や、丁寧さなどはあまり込められていません。

迅速という言葉は、正確性や丁寧さなども含めて、仕事で使われる専門用語ですが、速やかの場合は主に行動そのものに使うことが殆どです。

「手っ取り早い」

迅速という言葉は、同じような意味の言葉として、「手っ取り早い」という言葉に置き換えられて使うことになります。

手っ取り早く行動してという風に使われることも多いです。

似た意味を持っていますが、迅速と比較すると、手抜きでも済ませてしまうという意味が強いので、少々異なっています。

シチュエーションによって使い分ける必要があります。

「急速」

迅速という言葉の類語として、「急速」があります。

急速は、同じような言葉であり、スピーディーであるさまを示しています。

同じような意味を持つのですが、迅速と比較すると、スピードが急に上がるという意味があり、仕事で急速にという言葉を使うことはあまりありません。

急速な変動、急速な動きという風に主に事象に使うことが多いです。

「迅速」の言葉の使い方

迅速の言葉の使い方ですが、主に「迅速に行動してください」という風な使われ方をします。

詳しく言うと、これは的確に、そして正確に丁寧にかつすばやく行動せよという意味が含まれています。

人に働きかける言葉であり、迅速に動くことを命じる意味があります。

主に人に使われる言葉であり、ものなどに使うことはほとんどありません。

迅速な、迅速に、という言葉で使うことになります。



「迅速」を使った例文と解釈

迅速にを使った例文にはどういった例文があるのでしょうか。

それらの例文と、その解釈について具体的にみていきましょう。

  • 「迅速」の例文1
  • 「迅速」の例文2
  • 「迅速」の例文3

「迅速」の例文1

「トラブル処理など、迅速に対応をする」

さまざまな業務について、迅速に対応をするということを示しています。

主にビジネスで、正確に、そして速やかに対応することについて求められていて、そういった意味合いで使われます。

迅速に対応をしようという言葉は、同時に使われることが多いです。

「迅速」の例文2

「迅速に行動をすることが求められている」

これもビジネスシーンで使われますが、迅速にという言葉の次に、行動がつきます。

行動を迅速に行うことが求められていて、正確に、そしてすばやく行なうことが求められています。

迅速な行動という意味合いで使われることが多く、人の行動について、このように支持する形で使われているのです。

「迅速」の例文3

「迅速な計画のたて方が必要である」

迅速な〜という形で使う方法があります。

迅速な対応という形で使われることもありますが、迅速な処理、迅速なやり方などで使うこともあります。

この場合も結果的には人に行動をさせるという意味合いが強く、滞りなくスピーディーに進めていきたい事柄を文章にいれます。

「迅速」の対義語

迅速の対義語はどういった言葉なのでしょうか。

迅速の対義語には、「緩慢」があります。

迅速は、非常に急いで物事をすすめるさまという意味がありますが、緩慢についてはその逆となります。

緩慢は緩やかで、乱れがちな動きを示すからです。

また迅速の反対は、また「怠慢」なども対義語ではないかと考えられています。

反対語というものはこれといったものは示されておらず、このあたりが近いのではないかと考えられ知恵ます。

「迅速」と「早々」の違い

迅速というものは、やらなければならないことをスピーディに正確に仕上げるという意味があります。

しかし、そうそうは、速くだとか、早速という意味合いがあります。

早々の場合、時期が早い場合もあり、取り掛かる時期を早くしようという意味もあります。

しかし、迅速はスピード自体を指しますので、取り掛かる時期が尚早であることはありません。

「迅速」と「早速」の違い

迅速という意味は、スピーディーに的確に、そしてすばやく終えるという意味があります。

しかし、早速はすぐに始める、スピーディーに始めるという意味があり、物事を早々と始めるという意味合いがあります。

迅速は開始については言及されておらずこのあたりで違いがあります。

「迅速」を使った言葉と解釈

迅速を使った言葉にはどういったものがあるのでしょうか。

いくつか言葉がありますので、詳しく見ていきましょう。

  • 「迅速果断」
  • 「迅速性」
  • 「迅速測図」

「迅速果断」

迅速果断(じんそくかだん)の意味ですが、「迅速」とは物事の進み具合や行動などが非常に速い事を意味する言葉ですが、「果断」とは、物事を思いきって行うことや決断力のあることを意味します。

つまりこれを合わせた意味の四字熟語となっています。

「迅速性」

迅速は迅速に物事を進めることを示しますが、迅速性は物事を迅速に終えることができる度合いや性質などを指します。

これが高ければ、迅速性が高いということになります。

「迅速測図」

迅速とは、すばやく物事を的確にそしてスピーディーに進めるという意味がありますが、迅速測図に関しては、迅速測図は、日本で明治時代初期から作られた、簡易地図を示します。

つまりまったく別の意味となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスの現場で使われることが多くなってきた迅速という言葉ですが、現代社会は昔よりもスピーディーかつ迅速性が求められているので、日常から使うことが多くなっています。

そこで使い方や意味などを覚えておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。